TOP
  1. Home
  2. >
  3. LIFE
  4. >
  5. あなたの日常にフィットす...

あなたの日常にフィットする。日記帳におすすめのノートをご紹介

あなたの日常にフィットする。日記帳におすすめのノートをご紹介
marceau
Written by marceau ライター

「日々の暮らしを丁寧に」をモットーに、心が整うようなモノ選びにこだわっています。この記事が、あなたの心を豊かにする新しい発見になれば嬉しいです!

日記を書くのに、日記帳を使わなければならないというルールはありません。自由な形式で書き込めるノートを日記として使いたい方もいらっしゃるかと思います。今回は、おしゃれなデザインにこだわった、日記帳として使うのにおすすめのノートをセレクトしました。ぜひ、参考にしてくださいね。

毎日使いたくなる。そんなノートが日記帳におすすめ

日記帳が欲しいけど、自分の好みのデザインやレイアウトがない…そんなときは日記帳にこだわらず、気に入ったノートを使うのがおすすめ。形式にこだわらず、お好みのノートを日記帳にする選び方もありだと思いませんか?

日記帳におすすめなおしゃれノートたち

marceau
marceau

日記を書く時間が楽しみになる、そんな魅力的なノートをセレクトしました。続けるモチベーションが上がる、日記帳におすすめのノートです!

コンパクトで使い勝手◎。「ペンコ」のB6サイズノート

こちらは、スタイリッシュなデザインが人気の「penco(ペンコ)」のノート。表紙はしなやかで薄手のプラスチックで作られているので、傷や汚れがつきにくく、長く愛用する日記帳におすすめです。また、180度綺麗に開く製本だから、どのページを開いてもフラットな状態で書き込めて、使い勝手も抜群です。

ノートの種類は、表や図形をレイアウトしやすい5mm方眼。書くことがいっぱいな日は1ページ丸ごと日記帳にしても良いですし、線を引いて分けるのもおすすめです。写真やメモも、縦と横の線をガイドに貼り付けやすいですよ。用途に合わせて好みのレイアウトが作れるのは、方眼罫の魅力です。

また、ノートにはめずらしい300ページものボリュームで、1年間の思い出をたっぷり書き込めます。背表紙がしっかりしているので、まるで1冊の本のよう。本と一緒に並べても様になるから、あなたの物語として本棚にしまっておくのも、素敵ですね。

シンプルなパッケージと、ちょっとアナログな感触が魅力のpenco。「HIGHTIDE(ハイタイド)」を代表する、フラッグシップブランドです。HIGHTIDEは「人々のココロが満たされるような モノづくりを届けたい」というコンセプトで、使い勝手が良く、ワクワクするような文具を多く取り揃えられています。

PENCO ソフトPPノート B6
PENCO ソフトPPノート B6

HIGHTIDE

¥660(税込・参考価格)

Photo by item.rakuten.co.jp

シンプルなのに存在感がある「ライフ×クレイド」のノーブルノート

「LIFE(ライフ)」と「Lleid(クレイド)」のコラボによる、カレッジロゴ調のデザインが人気の「ノーブルノート」。LIFEは1949年に設立された、書き心地や製本にこだわったノートブランドで、現在でも、職人が一つひとつ丁寧に製本しているのが特徴です。

Kleidは、機能性とデザインにこだわった文具ブランド。既成概念にとらわれない、洗練された文具が数多くあります。ノーブルノートは、Kleid製品の特徴である2mm方眼。細かな方眼は、日記帳にレイアウトやイラストを描くときにバランスが取りやすくておすすめなんです。

カラーバリエーションは、大人っぽくて落ち着きある、ブラック、ホワイト、ネイビー、オリーブの4色。中身の紙は、LIFE社の抄造紙である「Lライティングペーパー」を採用しています。ブラックとオリーブはクリーム、ホワイトとネイビーはホワイトと、用紙の色にもこだわっているんです。

ノーブルノート A5サイズ
ノーブルノート A5サイズ

LIFE×kleid

¥1,100(税込・参考価格)

LIFEのLライティングペーパーは、インクが透けにくくにじみにくい用紙だから、万年筆との相性も抜群。趣ある文字を書ける万年筆は、日記帳におすすめの筆記用具です。万年筆に興味がある方は、以下の記事もぜひご覧くださいね。

関連記事

たっぷりなのにスリム。「ニトムズ」のスタロジー365デイズノート

「ニトムズ」の「スタロジー365デイズノート」は、たっぷり368ページもあるノート。その名の通り、1日1ページ、1年間の日記帳としておすすめです。ページが多いと分厚くなるイメージですが、このアイテムはスリムで軽いのが特徴。カバンにも入れやすいコンパクトなサイズ感で、いつでも気軽に持ち歩きたくなります。

中身は、月・日付欄と、7~23時までのタイムラインが表記された5mm方眼。最低限のシンプルな構成だから、スペースを自由に使えます。イラストのみの絵日記を描いてみてもいいですね。そんな自由度の高さは、決まったレイアウトのないノートを日記帳として使う醍醐味ですよね。

どのページを開いても180度フラットに開けられるのも、おすすめポイントの1つ。外出先でもサッと開いて、すぐに書き込めますよ。また、表紙は布クロスなので、紙のノートにはない上質さがあります。「365日あなたと一緒」というコンセプト通り、1年を通して日記専用として使っても、へたらない丈夫さが頼もしいですね。

STALOGY 365デイズ ノート
STALOGY 365デイズ ノート

ニトムズ

¥1,870(税込・参考価格)

Photo by item.rakuten.co.jp

「黒ねこ印刷所」のノートに何気ない日常を

日記帳選びに悩んだら、「黒ねこ印刷所」の小さなノートがおすすめです。ストーングレーの表紙がおしゃれな、手のひらサイズのコンパクトなノート。ナチュラルさにこだわって作られており、用紙には再生紙を使用しています。ざらつきや斑点など、再生紙ならではの味がなんとも魅力的です。

日記を始めるといっても、たくさんの文字を書くのは難しいかも...。そんな方の日記専用ノートには、まずは小さなサイズをおすすめします。罫線の幅が大きめだから、たくさん埋めなくちゃ!という焦りも不要。ページがあっという間に埋まるのではないでしょうか。ノートが1冊仕上がれば、満足感もアップ。日記を続ける楽しみを実感できますよ。

ノート 日記帳 綴るひととき
ノート 日記帳 綴るひととき

黒ねこ印刷所

¥363(税込・参考価格)

Photo by item.rakuten.co.jp

1日1ページ「ミドリ」のMDノートジャーナル

日記の紙質や書き心地にはこだわりたい、そんな方におすすめなのが「ミドリ」の「MDノートジャーナル」。かすかにざらつく用紙は書くたびに小さな音をたて、「書いている」ことを噛みしめることができます。書くことが楽しくなるから、自然に日記帳が埋まっていくんです。

ページの角にコーナーミシン加工が施されていることや、1~12のインデックスシールがついているのもおすすめポイント。368ページもあると、新しいページを開くときや読み返したいときにまごつきがち。でも、角を切り取って目印をつけたりインデックスを付けたりすれば、日記帳としてスムーズに使えます。

また、MDノートジャーナルは「名入れ」もできます。名前を入れることで特別感が増し、日記帳としてさらに愛着が湧くでしょう。シンプルなデザインだから、名前を入れてもナチュラルに馴染みますよ。もちろん日記帳以外の用途でも人気のある、おすすめのノートです。

1日1ページ 洋風
1日1ページ 洋風

ミドリ

¥1,336(税込・参考価格)

Photo by www.midori-store.net

あなたに寄り添う。日記帳にふさわしい心ときめくノートを見つけて

日記は、毎日を充実させて、過去の思い出や経験を未来に活かすための手助けをしてくれます。だからこそ毎日書きたくなるような、読み返すのが楽しくなるような、そんなノートを選ぶことが大切なんです。あなたの今と未来に寄り添ってくれる、心ときめくお気に入りのノートを見つけてくださいね。