TOP
  1. Home
  2. >
  3. LIFE
  4. >
  5. お菓子に添えるメッセージ...

お菓子に添えるメッセージ集。友達や職場の人に、ちょっとしたお礼で使える文例をご紹介

お世話になったお礼やちょっとした差し入れなど、日常の中でお菓子を贈るシーンは意外と多いもの。お菓子と一緒に手書きのメッセージを添えることで、相手にお礼の気持ちをより丁寧に伝えることができます。そこでこの記事では、友達や職場の人へ贈るお菓子に添えるメッセージの書き方のポイント、文例をご紹介します。ぜひ参考にしてくださいね。

\こちらの記事もおすすめ!/

お菓子に添えるメッセージで、贈り物をもっと特別に

友達や職場の人には、悩みの相談に乗ってもらったり、困っているときに助けてもらったり。日頃からよく関わる関係だからこそ、何かとお世話になることも多いですよね。特に職場の人は一緒に過ごす時間も長いため、ミスのカバーや休暇時のフォローなど、日頃から感謝の気持ちを伝えたいシーンがたくさんあります。

そんなとき、お礼の気持ちとしてお菓子をプレゼントすると、感謝の気持ちをストレートに伝えることができます。ちょっとした差し入れとして渡すことで、相手も気軽に受け取りやすく喜んでもらえますよ。

さらにメッセージをお菓子に添えることで、より丁寧な印象に。たった一言だけでも特別感がUPするので、ぜひ試してみてください。

お菓子に添えるメッセージに何を書く?書き方のポイントをチェック!

mugico
mugico

お菓子に添えるメッセージにおいて、書き方のルールは特にありません。ですが、書くときに気をつけたいポイントや、書くことで相手により喜んでもらえる内容は押さえておいた方が◎。もしメッセージの文章に迷ったら、以下の点を参考にしてみてくださいね。

手書きでシンプルな内容に

メッセージカードを書くときは、丁寧に手書きをするのがおすすめです。あまり字が得意でない人でも丁寧に書いたことは伝わりますし、何より温かみを感じる字に嬉しくなる方は多いはず。メッセージの内容もあまり難しく考え過ぎず、感謝を伝えるシンプルな文面でOKです。

自分の名前を書く

お菓子を直接渡すのがベストではあるものの、タイミングによってはなかなか会えず、デスクなどに置いておくというケースもあるはず。そんな時にもメッセージカードをお菓子に添えておくと、誰からの贈り物か一目で分かるのでとてもおすすめです。忘れずにきちんと名前を書いておくようにしましょう。

お菓子を贈る理由や目的を書く

お菓子を贈る相手の人に、どのような理由や目的で贈ったのかが分かるようにしておくのもポイント。いきなりポンっとお菓子を渡されても、理由が分からず困ってしまう人もいるかもしれません。お菓子に添えるメッセージの中に、目的が分かるような一言を書いておくと良いでしょう。

そのお菓子を選んだ理由を書く

「甘いものが好きだと伺ったので」「巷で評判になっていて」「私のお気に入りをぜひ食べてもらいたくて」など、お菓子を選んだ理由を書くのもおすすめです。「私のために選んでくれたんだ」「時間や手間をかけてくれたんだ」という特別感が伝わり、きっと喜んでもらえるはず。

【相手別】お菓子に添えるメッセージの文例をご紹介

お菓子を贈ると一口に言っても、友達、職場の上司や同僚…と相手や関係性は様々ですよね。またどのようなシーンでお菓子を相手に贈るかによっても、メッセージの内容は変わってきます。ここからは、贈る相手・シーン別にメッセージの文例をご紹介します。

友達へのお菓子に添えるメッセージ

親しい友達へのお菓子に添えるメッセージ

親しい友達は、仕事や恋愛などの日常で辛いことがあった時に、愚痴を聞いてくれたり励ましてくれたり…とても頼りになる存在ですよね。また反対に、親しい友達が落ち込んでいる時は「メッセージを贈って元気付けたい」という方もいるはず。

    【日頃のお礼】お菓子に添えるメッセージ文例
  1. この間は相談に乗ってくれてありがとう。〇〇のおかげで元気が出て、また頑張れそうだよ!好きだと言っていたお菓子を見つけたので、ぜひ食べてみてね。
  2. いつも話を聞いてくれてありがとう。日頃の感謝の気持ちを込めてお菓子を作ったよ。これからも末長くよろしくね!
    【差し入れ】お菓子に添えるメッセージ文例
  1. 相変わらず仕事忙しそうだね!疲れには甘いものがいいと思って、お店で見かけた〇〇が美味しそうだったから買ってきたよ。これ食べて頑張れ〜!
  2. 最近元気ないけど大丈夫?〇〇の大好きな甘いものでも食べて一息ついてね。私で良ければいつでも話聞くから連絡してね。

遠方の友達へのお菓子に添えるメッセージ

大人になると地元を離れてしまったり仕事が忙しかったりして、なかなか会えない友達も多いですよね。「元気にしてる?」「また会いたい」という、遠く離れていても縁を繋いでいたいことが伝わるメッセージにすると良いでしょう。

    お菓子に添えるメッセージ文例
  1. ○○ちゃん、元気にしてる?なかなか会えなくて寂しいよ。今度帰省した時は、一緒にランチでもしに行こうね!会える日を楽しみにしているよ。
  2. お久しぶりです。お誕生日のお祝いということで、甘いもの好きの〇〇さんに、こちらで評判のお菓子を贈ります。また今度、感想聞かせてくださいね!

職場の人へのお菓子に添えるメッセージ

職場やアルバイト先の人へのメッセージは、立場や関係性、距離感など様々な違いがあるので、丁寧な言葉遣いを心がけたいところ。ミスをカバーしてもらう、休暇の際のフォローをしてもらうなど、色々なシーンが考えられます。また、異動や転職などの挨拶を兼ねる際は、これまでの思い出を添えるとより素敵なメッセージになりますよ。

上司・先輩へのお菓子に添えるメッセージ

    【日頃のお礼】お菓子に添えるメッセージ文例
  1. お忙しい中、ご指導をいただきありがとうございました。とても勉強になりました。甘いものがお好きだと伺ったので、ぜひ召し上がってください。
  2. 先日は業務のフォローをいただきありがとうございました。ささやかなものですが、ぜひお召し上がりください。
    【異動・転職】お菓子に添えるメッセージ文例
  1. ○年間大変お世話になりました。部長のもとで多くのことを学ばせていただき心から感謝しております。これからも元気でご活躍ください。
  2. これまでたくさんご指導いただきありがとうございました。前向きな〇〇先輩のもとで働くことができ、私自身も成長できたと感じています。先輩の益々のご活躍を祈っております。

同僚・後輩へのお菓子に添えるメッセージ

    【日頃のお礼】お菓子に添えるメッセージ文例
  1. いつも助けてくれてありがとう。〇〇さんのおかげで無事に仕事を納めることができました。最近評判のお菓子です。食べてみてね!
  2. この間は仕事のカバーをしてくれてありがとう。頼れる後輩を持って心強いです!休憩時間に甘いものでも食べてゆっくりしてね。
    【異動・転職】お菓子に添えるメッセージ文例
  1. これまで本当にお世話になりました。〇〇さんと同じチームで仕事ができて、本当にやりがいがありました。これからは違う道を歩みますが、お互いに頑張りましょう!
  2. いつも明るく優しい〇〇さんがいてくれて、毎日の仕事がとても楽しかったです。一緒に飲みに行ったこともいい思い出です。これからも笑顔の素敵なそのままの〇〇さんでいてね。

職場全体へのお菓子に添えるメッセージ

    【差し入れ】お菓子に添えるメッセージ文例
  1. いつも業務をカバーしてくださり、ありがとうございます。ささやかな品ではありますがぜひお召し上がりください。
  2. 皆様、いつもお疲れ様です。納期まであと一息頑張りましょう。美味しいと評判の焼き菓子です。ぜひ食べてみてください。
    【休暇をいただいたとき】お菓子に添えるメッセージ文例
  1. 先日はお休みをいただき、ありがとうございました。〇〇へ旅行したお土産です。どうぞ皆さんでお召し上がりください。
  2. 地元に帰省した際のお土産です。〇〇の名物で、私の大好物でもあります。休暇中は業務をフォローしていただき、ありがとうございました。皆さんでお召し上がりください。
    【異動・転職】お菓子に添えるメッセージ文例
  • 長い間大変お世話になりました。皆さんと一緒に仕事ができて、自分自身、本当に成長することができました。これからもどうぞお元気で。ありがとうございました。
mugico
mugico

メッセージを書くおしゃれなカードを探している方には、こちらの記事がおすすめです!

関連記事

メッセージに気持ちを乗せて

お菓子に添えるメッセージの書き方のポイントや文例をご紹介しました。お菓子を贈る相手やシーンは様々ですが、メッセージを添えることで感謝の気持ちがより伝わりやすくなることは間違いありません。あなたもぜひ、手書きのメッセージに気持ちを乗せてみてくださいね。