TOP
  1. Home
  2. >
  3. EVENT
  4. >
  5. 今年もホクホク【文具女子...

今年もホクホク【文具女子博2022】Suuuh編集部の心を彩った戦利品レポート

今年もホクホク【文具女子博2022】Suuuh編集部の心を彩った戦利品レポート

\こちらの記事もおすすめ!/

Suuuh編集部、2回目の文具女子博へ

文具女子博2022のテーマは「わたし彩る文具アトリエ」

「好きなものに囲まれる場所」「好きなことに没頭できる場所」としての“アトリエ”をイメージし、ご来場いただいたお客様へ時間を忘れるくらい没頭できる、文具に囲まれた魅力的な空間をお届けいたします。

引用元 : 文具女子博公式HP

文具女子博、Suuuh編集部としては今年で2回目の参戦。だんだんとイベント慣れしてきたこともあり、比較的スムーズに会場を回れた実感がありました。"好きなものに囲まれる"、"時間を忘れる"…。会場ではまさにそんな空間が完成されていた気がします。

Suuuh編集部員もそれぞれ、気づけば一箇所のブースに全集中していたり、普段あまり手に取らないようなテイストの文具も思い切って購入してみたりと、自分たちの心の赴くままに過ごせました。

文具女子博 公式HP

広い会場にもあっという間に人がひしめきあう、さすが日本最大級の文具イベントです。

色とりどりの美しいガラスペンが並んでいました!圧巻…

ときめくステッカーには何度も目を奪われました。今見返しても、か、かわいい〜…。

常に大行列だったヨハクのブース。

強烈なインパクトに思わず足を止めたHIGHTIDEの個性派文具たち。元気が湧き出てくるビジュアルです。

何が出るのか分からない、おみくじ感覚で購入できるGreenFlashのアクリルキーホルダー。編集部員が何を当てたのかは、この後ご紹介します!

編集部員全員でチャレンジした「かわいいモノタウン」の"かわいい診断"。4人共バラバラの診断結果になりました。(笑)

こちらでかわいいものタウンの診断ができます!

文具女子博への参加は時間制で、会場内で買い物をできる時間は限られています。4人全員で参加するのは初の試みだったのですが、タイムスケジュールを作って計画的に回ることに成功。会場を後にするころには、段取り良く動けるようになった自分たちの成長にニヤついていました。

さて、そんな風にイベントに対してちょっぴりこなれ感が出てきた(?)編集部員。今年もたっぷりお買い物しちゃいました。自慢したくてたまらないお気に入りの文具たち、ぜひご覧ください!

自慢の戦利品をご紹介!

編集長チハル

編集長 チハル
編集長 チハル

毎度私利私欲のみで参戦している文具女子博。
なぜだか今回は気持ちにゆとりができまして、父へのお土産がメインです!珍しい現象だ…

左上から時計回りに、
PHP研究所:A4クリアファイル さそってファイルPHP研究所:A4クリアファイル ほっといてファイルヨハク:M-084 メモ帳 13 スタイル/ヨハク:shopカード(非売品)/GreenFlash:Animal Series アクリルキーホルダー(イベント限定商品)/フロンティア株式会社:TINTONE MONSTER 紙ふせん polite /PHP研究所:ステッカー(非売品)/PHP研究所:ふせん おじさん

先日ライターさんへ文具のプレゼントを選んだ時間が本当に幸せで(その様子はこちらの記事で)、何かにつけては誰かにプレゼントする機会はないかな~と考えてしまっているこの頃。

今回の女子博は、「自分が欲しい!」と思うことよりも、「あ!○○さん好きそう~!」と思うことがたくさんで、終わってみたらやっぱり、誰かとのコミュニケーションで使える文具が揃っていました。

父へのお土産はこちらの4点。そう、私の父はユーモア溢れる絵本作家ヨシタケシンスケさんの大ファンなのです。「書類をしまう用」ではなく、「頭にかぶる用」のクリアファイルに、ふせんになりたいおじさんたち。

さすがはヨシタケさんな描き下ろしイラスト!くっくっく…と嬉しそうに笑う父の顔が目に浮かびます。3点購入でノベルティもGET。絵本『おしっこちょっぴりもれたろう』クリスマスバージョンのステッカーでした。

ヨハクのひときわ長~い列に並ぶこと20分。手にしたのはこちらのコラージュデザインのメモ。中の用紙は薄く軽く、気持ちのいい透け感。おやつをお裾分けする時に一筆したためたりなんかしちゃって…。手渡しでいただいたshopカードも飾りたくなるかわいさ。

何が出るか分からないブラインド仕様のキーホルダー。全8種の中、私はビール×パンダ狙いだったのですが、当たったのはクリームソーダ×ペンギン。ちょっと待って…かわいすぎる…!開けた瞬間に狙いがどうとかどうでもよくなったのでした。

こちらは会場で目があってしまったへんてこポップなモンスターたち。オフィスで同期のデスクに貼って驚かせちゃおうかな~。

編集部員ミヒロ

編集部員 ミヒロ
編集部員 ミヒロ

今回は、実用性も考えながら自分の中でときめいたアイテムを購入。並べてみるとポップで心躍るラインナップになりました。

左から右に、
蔦屋書店:プレピー アデリアレトロ(先行販売)/PHP研究所:スクエアメモ(なつみはなんにでもなれる)フロンティア株式会社:裏紙メモ CHEESEきのこ社:喫茶透明 お店袋(プリンアラモード)suatelier design:DAILY DECO STICKERS 1140:see you!suatelier design:mini series no.101 FOOD.01

近頃、ときめく文具をきちんと活用する楽しさを改めて実感し、自分で使うイメージがしっかり湧くものがほしい!と文具女子博に参加。事前に文具女子博の公式インスタグラムの投稿で気になるものをピックアップしつつも予想していなかった出会いもありました。

まず購入したのは、蔦屋書店の「プレピー アデリアレトロ」。事前に先行販売という情報を目にしていたのですが、実物のレトロなかわいさに撃ち抜かれてしまい、気が付いたら自分のお買い物袋の中に入れていました…。

ちょうど青いインクが映えそうな万年筆が欲しいと思っていたので、青い風船が愛らしいデザインのものを購入。「プレピー」はプラチナ万年筆のシリーズの一つで書き心地も抜群です!

続いて、離れて暮らす母親にせっかくならお土産を買いたいと思い、立ち寄ったのはPHP研究所。母親が好きなヨシタケシンスケさんのグッズがたくさん!目移りしてしまうほどかわいくゆるっとしたイラストが施された文具たちの中から選んだのは絵本『なつみはなんにでもなれる』のデザインを用いた「スクエアメモ」。母親にはまだ渡せていないのですが、喜んでもらえるといいなあ。

フロンティアではしっぽのないねずみの男の子、ANDYにずきゅんと射抜かれてしまいました。購入した「裏紙メモ」は表にデザインが入っていて裏から見ると少し透けている仕様。裏にメッセージを書いて使えます。チーズが頭に刺さったANDYのシュールさが絶妙で、見るたびにツボにはまってしまいます…。(笑)

きのこ社の「喫茶透明 お店袋」は店主が透明人間という設定の喫茶店がモチーフになっています。レトロな雰囲気に惹かれたのと、今日がんばった貴方へ、という一言が購入の決め手でした。周りのがんばっている人へのギフトのラッピングに使いたいなあ、と思っています。

suatelier designの「DAILY DECO STICKERS」と「mini series」は韓国ブランドの文具なのですが、食べ物のゆるっとしたデザインに本当にときめきます…!手帳に外で美味しいごはんを食べた日を記録しているのですが、その彩りを添えるのに使おうかしら。

編集部員エンネ

編集部員 エンネ
編集部員 エンネ

今年は比較的ゆっくり回れた文具女子博。気が付けば思った以上に購入していたうえに、自分にしては珍しくポップなアイテムが揃いました。よほどテンションが高まっていたようです。

左から時計回りに、
HERBIN:カード封筒1枚セットTOCONUTS:ブックマーク(カタログ内に記載)/フロンティア株式会社:CHEESE ANDY ジッパーバッグコクヨ ミニポーチ・クリア/GreenFlash:Animal Series アクリルキーホルダー(イベント限定商品)/シモジマ:クリアマルチケース ストップペイル

会場入りして真っ先に手にとったのが、ストップペイルのクリアマルチケースでした。実は飯田さんのシモジマ文具紹介記事で拝見してからずっとずっと気になっており…昭和レトロなイラストとちゅるちゅるなクリア素材の掛け合わせがたまりません。編集部員の誰よりも早く戦利品の一品目を決めました(笑)。

HERBINのカード封筒セットはなんといっても深みのある青に一目惚れ。いつもはハガキでやり取りをしている祖母に向けて、たまには封筒に包んだお手紙をしたためようと思います。

ひょうきんな猫の表情と布地の風合いに心惹かれたのが、TOCONUTSのブックマーク。このところ本を購入する機会が多かったので、ちょうど探していたところに出会うことができました。本を開く度にホッと癒されそう…。

これまた心をギュッと掴まれたのが、フロンティア株式会社のジッパーバッグ。ANDYのイラストとその色使いに目を奪われ、母と色違いのお揃いで買うことにしました。というのも、既に亡くなってしまったのですが、実家で飼っていた愛犬がアンディという名前だったことも購入を決めた理由の一つでした。

コクヨのクリアポーチは、実はこっそりアレンジ済み。絶妙なサイズ感が普段使いに良さそう!と手にとったアイテムでしたが、少し自分の個性を出したくなり、ラベル用紙にマスキングテープを。紙博で購入したものを使用しました。

最後にご紹介するのは、チハル編集長、ミリさんも購入したGreenFlashのアクリルキーホルダーです。私が引いたのは透き通るオレンジ色が爽やかな「喫茶コアラ」。なんて可愛らしいのでしょう…。早速普段使っているトートバッグに付けちゃいました。

編集部員ミリ

編集部員 ミリ
編集部員 ミリ

かわいい!と心惹かれたものを素直に選んでいったら、カラフル&キャラクターものが多めの結果に。この賑やかな感じ、見ているだけで元気になれます。

左から時計回りに、
尚雅堂:カット友禅紙×2(イベント限定商品)/WORLD CRAFT:AMIEマスキングテープ Sauge(カタログ内に記載)/フロンティア株式会社:イベント限定セット(レターセット、付箋、マスキングテープ)/GreenFlash:メモパッド・スクエア smile/GreenFlash:Animal Series アクリルキーホルダー(イベント限定商品)

前回の文具女子博へ行ったときは、まだSuuuhに参加したての頃。初めて訪れる文具イベントの熱量に圧倒されるばかりで、右も左も分からずアタフタしていたのを覚えています。そんな私も、約1年の時を経て立派な文具女子へ…。自分なりの「かわいい軸」を持って、満足のいくお買い物ができました。

尚雅堂では、紙好き(よく紙の匂いを嗅いでいる)の母へのお土産にカット友禅紙を2枚チョイス。和紙のイメージを覆すポップな色合いと柄にときめきが止まりません。特にネオンカラーの柄は、以前LOFTのポップアップショップで一目惚れしてからずっと忘れられずにいたもの。感動の再会に心が躍りました。

フロンティア株式会社のブースに立ち寄ると、お得なイベント限定セットがずらり。その中から、私は大好きなマムアンちゃんのレターセット、付箋、マスキングテープのセットを購入しました。果物モチーフとポップな配色がなんともかわいい!ずっとマムアンちゃんのグッズが欲しいと思っていたので、なんともラッキーなお買い物でした。

今回の文具女子博で、唯一「絶対にゲットしたい!」と鼻息を荒くしていたアイテムがこちら。まんまるボディとにっこり笑顔が愛おしすぎるドラえもんのメモパッドです。あえて初期の絵柄をグッズ化するセンスが憎い…!

モノトーンの表紙を開くと、中にはカラフルな4つの柄が入っています。どれをどんなときに使おうか…考えるだけで思わずニヤニヤ。お気に入りはバレリーナ姿のドラえもんです。

一通り会場を回り終わった頃、ふと目に入ったのはニュアンスカラーがおしゃれな「AMIE」のブース。引き寄せられるように商品を見てみると、好みど真ん中のマスキングテープに遭遇!8色のカラーバリエーションの中から、私は新色のSauge(セージ)を選びました。単体でも、複数を組み合わせても使い勝手が良さそうです。

チハル編集長とエンネさんもゲットしたGreenFlashのブラインド仕様のキーホルダー。私はコーヒー牛乳×ナマケモノでした!第一希望は牛×牛乳でしたが、いつの間にかこちらを穏やかな表情で見つめるナマケモノの虜に…。これを付けていると、なんだか心にゆとりを持てる気がします。

まとめ

会場の様子と戦利品レポート、いかがでしたでしょうか。前回参戦した際(こちらの記事でレポートしました!懐かしい…)には会場の活気、熱気に圧倒されてしまったのですが、今回の我々はなかなかいい動きができたんじゃないか?と自画自賛しております。

皆さんに有益な情報をお伝えしたい!という気持ちはもちろんですが、一方でSuuuh編集部らしいイベントの楽しみ方、みたいなものもお届けできたらなと思います。ゆるっと楽しみながらレポートさせていただきますので、来年の開催時も乞うご期待です!