TOP
  1. Home
  2. >
  3. LIFE
  4. >
  5. 努力が実る、ダイエット手...

努力が実る、ダイエット手帳の書き方アイデア!モチベーションに繋がる記録方法とは

ダイエットが続かない、モチベーションがなかなか保てない…というときは、「ダイエット手帳」の力を借りてみませんか?ダイエットの記録をつけて目標や現状を見つめ直すことで、やる気がアップするはず。この記事では、そんなダイエット手帳の書き方アイデアをご紹介します。

CHECK!
Suuuh編集部で「自由丁」へ。
1年後の自分に手紙を綴りました
この特集をよむ
CHECK!
《歌舞伎座新開場10周年》歌舞伎デビューしてみない?観劇のあとは、レトロ文具を手に入れて
この特集をよむ

「ダイエット手帳」の魅力とは

「ダイエット手帳」とは、日々の体重や食事、トレーニングの記録をつける手帳(ノート)のこと。ダイエットの経過を書き起こすことで客観的に把握でき、ダイエットを無理なく計画的に進めることができるんです。ダイエット中についやってしまう、無理な目標設定や食事制限にも気付くことができますよ。

そこで、ここからはダイエット手帳を無理なく続けられるコツやアイデアをご紹介。自分のライフスタイルに合う書き方を見つけて、楽しくダイエット手帳を続けていきましょう!

ダイエット手帳には何を書く?

無理のない設定が大切。目標体重を記入

ダイエット手帳には、まず「目標体重」を記入しましょう。部分的に痩せたいという方は、「ウエスト−○cm」といった書き方でもOK。目標を書くことで、モチベーションアップに繋がりますよ。

目標体重や引き締めたい部位などを決めたら、次は「夏までに痩せる」「1年後に綺麗になる」といった、ダイエットの期限を記入します。このとき、あまり無理な設定をしないことがダイエット成功のポイントです。

毎日の体重、体脂肪率の変化を書こう

目標設定ができたら、ダイエット手帳に毎日の体重や体脂肪率の記録をしていきましょう。いつも使っている手帳にメモしていく方法も、手軽に記録が続けられておすすめですよ。さらに表やグラフを作ると、数字の変動が目に見えて「頑張ろう!」という気持ちに繋がります。

食事や運動の記録があると◎

ダイエット手帳には、食事や運動の記録をすることも大切。食事の記録は朝・昼・夜だけでなく、間食についてもきちんと記録しましょう。食事内容を書き出すことで、カロリーオーバーや栄養の偏りに気がつけますよ。

また、運動の記録は自分の頑張りが視覚化できるため、ダイエットのやる気アップに効果的。運動量を客観的に捉えることで、「明日はウォーキングもプラスしよう」「筋トレを取り入れてみよう」といった目標も立てやすくなりますよ。

ダイエットメニューやルールを決めて

ダイエットメニューやルールについても、ダイエット手帳に記入しておきましょう。例えば、「1日5000歩以上歩く」「食事は20時までに済ませる」「寝る前に20分間ストレッチをする」という自分との約束を書き込みます。

ダイエットメニューを決める際は、早く痩せたいという気持ちからつい無理な目標を立ててしまいがち。でも、ダイエットは長期的な継続が大切です。無理なく続けられるメニューにするように心掛けましょう。

モチベーションUP!ダイエット手帳の書き方アイデア

marceau
marceau

次は、Instagramで見つけたお手本にしたいダイエット手帳の書き方をご紹介。ダイエット手帳を開く時間が楽しみになる、素敵なアイデアがたくさんありますよ。

ハビットトラッカーで努力を視覚化

最初に紹介するのは、ダイエット手帳に「ハビットトラッカー」を取り入れるアイデアです。やり方は簡単で、「運動をした日」「間食をしなかった日」など、目標が達成できた日にチェックをしていくだけ。こちらの方は、スタンプを利用して目標達成した日にチェックを付けています。丸印をつけたり、お気に入りのシールを貼ったりしてもいいですね。

marceau
marceau

子どもの頃、ハンコを押してもらうのが嬉しくて、夏休みに欠かさずラジオ体操に行っていたことを思い出しました。頑張った分だけハンコが溜まっていく様子に嬉しくなる気持ちは、大人になっても変わらないんですね。

こちらの方は、縦軸に達成したい目標を、横軸に日付を書いてハビットトラッカーを作っています。チェックを付けられなかった日が一目で分かるので、振り返りや次の目標設定がしやすくて◎。また、この書き方ならフォーマットを作るのは月に1度だけでOKなので、毎日の記録もストレスなく続けられそうです。

marceau
marceau

ハビットトラッカーを手書きする際は、マス目がガイド役になってくれる方眼ノートがおすすめです。こちらの記事では、おすすめの上質な方眼ノートを紹介しています。ぜひノート選びの参考にしてみてください。

関連記事

日々の食事をレコーディング

ダイエットには、やはり食事の管理が欠かせません。特に食べ過ぎや間食をやめたいと考えている人は、「食事のレコーディング」を始めてみましょう。

こちらの方は、その日の食事内容と体重を同じページに記録しています。1日の食事を全て記録することで、食生活を一目で分かるように工夫していますよ。メモ欄を設けて、振り返りや感想を記入するのも真似したいアイデアですね。

写真を活用する

最後にご紹介するのは、ダイエット手帳に写真を活用する方法です。こちらの方のように食べたものを写真で記録すれば、食事の量や栄養バランスが一目で分かって◎。自分のダイエットのやり方を見直しやすいのがポイントです。写真を自分で編集するのが難しいという人は、写真を分割して印刷してくれるアプリなどを使ってみて。絵を描くのが好きな人は、写真の代わりに食べたものを手描きしてもいいですね。

さらに注目したい点は、1日1ページタイプのスケジュール帳に線を引き、ページを使いやすく分割しているところ。左側のタイムラインも上手に活用しています。

marceau
marceau

この他にも、自分で作ったお菓子のレシピを記録するのもおすすめ!自分好みにカロリーや脂質を調節したレシピは、忘れずにノートに記録しましょう。

継続は力なり。ダイエット手帳で体重管理しよう

今回は、ダイエットの成功の鍵となる「ダイエット手帳」の書き方やアイデアについてご紹介しました。毎日の記録を簡単にする方法や、手帳を開く時間が楽しみになるおしゃれな書き方など、真似したくなるアイデアがたくさんありましたね。

ダイエット手帳は、「書く」ことでダイエットの継続をサポートしてくれる頼もしいアイテム。なりたい自分になるために、ダイエット手帳で目標やメニューを明確にしダイエットを楽しく続けましょう!