TOP
  1. Home
  2. >
  3. LIFE
  4. >
  5. 昨日より今日、今日より明...

昨日より今日、今日より明日!成長できる、大人のための日記の書き方アイデア

その日にあった出来事や感じたことなど、日々の暮らしを記録する「日記」。日記を読み返すと、自分の気持ちを整理できるだけでなく、暮らしを豊かにするヒントが見つかることも。さらに少しの工夫を加えれば、「自分が成長するためのアイテム」になるんです。昨日より今日、今日より明日と成長していく自分に出会うために、大人の日記の書き方アイデアをご紹介します。

\こちらの記事もおすすめ!/

成長できる日記の書き方とは?

日記を読み返して、少しずつ変化している自分の姿を発見したことがある方も多いのではないでしょうか。自分の成長を感じると、「もう少し頑張ってみよう」とやる気も出てきますよね。

そんな風に成長を実感できる日記を書くコツは、「素直に書くこと」と「見返すこと」。素直な気持ちで書いて定期的に見返すサイクルが、自分と向き合い成長できることに繋がります。このコツを踏まえた上で、具体的な日記の書き方をご紹介します。

「3行日記」から始めてみる

最初におすすめしたいのは、3行日記を書くことです。「たくさんの文量を書かないといけない」と日記に対してプレッシャーを感じてしまうと、なかなかペンも進みません。まずは気負わずに続けられる3行日記で、日記を書く習慣をつけてみませんか?

「3行の日記」に何を書く?

mugico
mugico

順天堂大学医学部の小林弘幸教授が推奨する「3行日記」の書き方は以下の通り。この3つの内容を1行ずつ書くだけで、今の自分の状態を見つめて自律神経を整える効果があるんだそう。

    「3行日記」の書き方
  • 1行目 今日1番失敗したこと(よくなかったこと)
  • 2行目 今日1番感動したこと(よかったこと)
  • 3行目 明日の目標
  • ※1行目は、失敗したことを反省するのではなく、吐き出して気持ちをリセットさせるためのもの。

その他の「3行の日記」例

例えば「今日の出来事」「それについて思ったこと」「次に起こす行動」を3行に書くのもおすすめ。過去・現在・未来など、3つのポイントを置くことで現在の自分の状態を受け止め、未来に向かってポジティブな行動を起こしやすくなります。1行は一言ずつでいいので、気軽に試してみてくださいね。

自分なりにテーマを決めてみる

自分への褒め言葉を書く日記や、起こった出来事へ感謝を綴る日記、感情をありのままに吐き出す日記など、様々な日記の書き方があります。それぞれモチベーションや幸福度の向上、ストレスの緩和、心身のコンディションの改善効果があるそう。

mugico
mugico

このようにちょっとしたテーマを持たせるのは、日記を毎日続けるコツでもあります。テーマに沿ってありのままの自分を見つめ振り返りながら成長できることに繋げていきましょう。ここからは、Instagramで皆さんが投稿されている日記の書き方を見ていきましょう。

成長できる!みんなの日記のアイデアをピックアップ

こちらの方は、朝に思いついたことを書くスペースと、1日の終わりにその日の良かったことを3つピックアップするスペースを設けています。先ほどご紹介した「3行日記」を採用していますね。

朝に日記を書くときは「こんな日になるといいな」と1つの理想を書き添えると、前向きな気持ちになれておすすめです。そして1日の終わりには、その日の良かったことに目を向けることで「いい日だったな」とリラックスして眠りにつけます。

こちらの方は、1ヶ月間を振り返る素敵なまとめページを作成しています。振り返ることは、成長できる日記には欠かせないサイクル。ただ見返すだけではなく、まとめのページを作ることで内容をより深く自分の中に落とし込むことができます。

「自分のこと」「子どものこと」「仕事のこと」などテーマ別に分けられているのもポイント。頭の中を整理整頓できて、色々な役割をこなす方にぴったりです。写真を用いることで視覚的にも分かりやすく、成長できる大人の日記の書き方ですね。

こちらの方は、1日のタスクと簡単な日記、そして日々の気づきや映画の感想などを記録しています。自由に書ける方眼ノートを生かして、シールやマスキングテープを使用し日々の出来事に彩りを添えていますよ。

こちらの投稿では、日記の最初に「書くことは自分を取り戻す作業」と書き込んであります。このように素直に気持ちを吐き出すことはとても大切ですよね。ありのままの自分を捉えることが次へ進む第一歩。今目の前で起きていることは辛くても、きっと成長できると感じさせてくれる日記です。

mugico
mugico

みなさん様々な工夫を凝らして成長できる日記を作り上げていますね。素敵な日記を始めるために、毎日書くのが楽しくなるノートをご紹介していきます。

書くことが楽しくなるノート

振り返りが楽しく簡単にできる「3年日記」

日記を書いて成長するには、長い年月を見返すことが大切なポイントです。こちらの「QUOVADIS(クオバディス)」の「3年日記」は、3年分の日記を書き込める「連用日記」。連用日記なら、1年前や2年前に何をしていたのか簡単に確認でき、振り返りがしやすいです。

落ち着いた品のあるデザインで大人の日記にもピッタリ。日記を綴るスペースはドット罫になっており、ラインに囚われることなく自由に書き出すことができますよ。巻頭には目標、巻末には振り返りページがあるので、仕事に励む社会人のライフジャーナルとしても◎。

ライフジャーナル 3年日記
ライフジャーナル 3年日記

QUOVADIS

¥3,960(税抜・参考価格)

Photo by item.rakuten.co.jp

自分をほめて成長できる「ほめほめノート」

自分への褒め言葉を書くことも自己肯定感やモチベーションを上げ、ポジティブに成長するために大切なポイントです。とはいえ、なかなか自分を褒めるのは難しいですよね。そんな方におすすめなのが、こちらの「ほめほめノート」。その名の通り、自分を褒めるためのノートなんです。

こちらのノートには、1日に10個ずつ自分のことを褒める欄が設けてあります。「10個も褒める内容が思いつかない!」という方も心配することはありません。褒め方のコツやヒントも掲載されているので、自分でも気づかなかった褒めポイントが見つかりますよ。書き終える頃には自分の良いところをたくさん発見して、成長できるノートです。

ほめほめノート
ほめほめノート

GOOD&SHARE

¥1,540(税抜・参考価格)

Photo by www.amazon.co.jp

日記を書いて、少しずつ前へ進もう

成長できる日記の書き方やアイデアをご紹介しました。日記というアイテムを使って、少しずつでも変化しながら成長していく自分を感じてみましょう。この記事で紹介した方法を参考にしつつ、あなただけの続けやすい日記の書き方を探してみてくださいね。

mugico
mugico

何事も習慣にするのは難しいように、日記も続けるのは難しいですよね。今回は3行日記をご紹介しましたが、「それでも続ける自信がない」という方は、こちらの記事もぜひ参考にしてみて。

関連記事