TOP
  1. Home
  2. >
  3. TOPICS
  4. >
  5. 「編み物」にも文具が必要...

「編み物」にも文具が必要!編むときにあると便利な文具たち

仕事や勉強で使うイメージが強い文具ですが、実は手芸の際にも必要なアイテムなんです。そこで今回は、筆者の趣味である「編み物」の際に必要な文具や、あると便利なアイテムを紹介します。編む楽しみが倍増するような、素敵な文具をぜひチェックしてみてください。

\こちらの記事もおすすめ!/

編む道具だけでなく、一緒に使う文房具にもこだわりたい

編み物で使う道具というと、棒針やかぎ針、ほつれ留めなどが真っ先に思い浮かぶ方が多いのではないでしょうか?しかし編み物には文具も必要。そしてこの文具にも、手芸に向いているものや、おすすめのアイテムがあるんです。

編み物をするとき文具にもこだわれば、もっと楽しく上手な作品が作れるようになりますよ。

編み物で必要な文具って?

marceau
marceau

編み物をするときに必要な文具や、あると便利なアイテムを紹介します。編む時間がさらに充実するので、ぜひ参考にしてみてください。

ペン

目数や段数を数えたり、増やし目減らし目をチェックしたりと、メモを取ることが多い編み物。筆者は、そんな編み物メモにお気に入りの万年筆「カクノ」を愛用しています。それまでは適当にササッとメモを取っていましたが、メモが適当だと編む動作にも影響するんです。丁寧にメモを取れば、編み目も心も整いますよ。

また、万年筆はペン先が乾きやすいので、その都度キャップをするのが基本。「編んでいる途中でいちいちキャップをするのは面倒」という人もいるでしょう。しかし筆者は、そのワンクッションが丁寧な仕事に繋がっていると感じます。編み物をする際は、ぜひお気に入りのペンを使ってみてくださいね。

ペンケース

かぎ針編みをするときは、編み物専用のペンケースがあると便利です。かぎ針編みは、使用する糸の太さに合わせたサイズの針を選んで編みます。かぎ針は何種類もありますから、必要なサイズのものだけを選んで、ペンケースに入れておくと使い勝手が良いんです。

またかぎ針だけでなく、編み物用のペンや目数リングなどの小物類を入れておくのにも便利。ぜひ編み物専用のペンケースを用意してみてくださいね。

ノートやメモ帳

編み物をするときは、専用のノートを1冊用意することをおすすめします。目数のメモなどは編み終わると捨ててしまう人もいますが、筆者はノートにまとめて残すようにしています。日付を書き込めば、いつどれくらい編んだのかの記録にもなりますよ。

編み方が難しい部分や間違えてしまった箇所なども、ノートに残しておきましょう。作品が完成したとき、同時に自分だけの「編み物本」もできあがりますよ。

はさみ

手芸用のはさみは、布用の大きいものか糸切り用の小さいものが一般的。編み物でカットするのは糸なので、とくに必要なのは糸切りバサミです。しかし筆者は工作などにも使うスタンダードな「プラス」のはさみを使用しています。

毛糸を使うイメージが強い編み物ですが、コットン糸やレース糸、ときには硬い麻紐を使うことも。そんな糸切りバサミでは心もとないときも、プラスのはさみは切れ味が良く、硬いものや繊細な糸もスムーズにカットできるのでおすすめです。

メジャー

編み物をするときは、まず「ゲージ」をとります。ゲージとは編み目のサイズのことで、希望のサイズに仕上げるために必要な作業。10cm×10cmの正方形を編んだときに、横に何目、縦に何段入っているか数えて計算をするのですが、この時にメジャーが必要になるんです。

また編んでいる途中でも、ズレていないか確認するために何度もメジャーを使う機会があります。ものさしでも良いですが、カーブや輪になった部分を測ることが多いので、メジャーを用意すると便利ですよ。

編み物用におしゃれなメジャーが欲しいと感じた方は、ぜひ以下の記事をご覧ください。おしゃれなデザインはもちろん、機能性にもこだわった素敵なメジャーがたくさん載っています。

関連記事

心ときめく。編むのが楽しくなるおすすめ文具3点

ペンとかぎ針を一緒に収納。ロールペンケース

かぎ針とペンを一緒に収納するのにおすすめなのが、こちらの「ロールペンケース」です。生地には天然のヌメ革であるミネルバボックスを使用しており、柔らかで上質な質感が楽しめます。

かぎ針やペンを使いたいときにサッと取り出すために、編み物の最中は机の上に広げた状態で置いておきましょう。使えば使うほど革の風合いが出るペンケースなので、編み物が上達するのと一緒に革も育っていきますよ。

イタリア産ヌメ革 ロールペンケース
イタリア産ヌメ革 ロールペンケース

ミネルバボックス

¥6,930(税込・参考価格)

編み物専用「ニッティングノート」に記録を残して

編み物用のノートで悩んだときにおすすめなのは、「クローバー」の「ニッティングノート」です。カードタイプになっていて、1枚につき1作品の情報をまとめられます。

追加のプロジェクトカードもあるので、作品が増えても大丈夫。ページの入れ替えや、分類もしやすくて便利です。好きなところに、実物の糸サンプルを貼り付けられるのも魅力的。

クロバーニッティングノート
クロバーニッティングノート

クロバー

¥2,530(税込・参考価格)

手芸が楽しくなるおしゃれなデザインシザー

キュートな鳥のデザインがおしゃれな、「コットンラフィア」のはさみ。切るときのくちばしを広げるフォルムに、心ときめきます。手芸道具や文房具を入れた箱の中で、素敵なアクセントになってくれますよ。

デザインシザー<バード>
デザインシザー<バード>

コットンラフィア

¥1,320(税込・参考価格)

こだわりの文房具で編み物をもっと楽しもう

編み物をするとき、以前は家にある文具をなんとなく使っていました。しかし使用する文具にもこだわるようになってから、編み物をする時間がさらに楽しくなったんです。編み物初心者の方も、上級者の方も、ぜひとっておきの文具を編み物に取り入れてみてください。あなたの編み物タイムが、ほっこりと癒される素敵な時間になりますように。