TOP
  1. Home
  2. >
  3. TOPICS
  4. >
  5. この発想はなかった!グッ...

この発想はなかった!グッドデザイン賞を受賞したユニークな文具たち

世界4大デザイン賞の1つである「グッドデザイン賞」。私たちにとって身近な文具のなかにも、数多くの受賞作があることをご存知ですか?そこで今回は、そんなグッドデザイン賞を受賞したユニークで便利な文具をご紹介します。

\こちらの記事もおすすめ!/

グッドデザイン賞ってどんな賞?

グッドデザイン賞とは、デザインによって私たちの暮らしや社会をよりよくする様々なものごとに贈られる賞のこと。1957年にスタートし、現在では「世界4大デザイン賞」の1つにも数えられています。デザインの優劣を競うのではなく、審査を通して「発見」したことを社会と「共有」し、次なる「創造」へ繋げていくことが目的。

グッドデザイン賞の受賞対象は、製品、建築から、システムやサービスまで、形の有無に関わらず多岐にわたります。そのなかでも、今回は「文具」の受賞作をピックアップ。ユーザーに寄り添った細部のこだわりや、発想力に驚かされる機能性にぜひ注目してみてください。

【2021年版】グッドデザイン賞を受賞した文具を紹介!

筆記時のちょっとしたストレスに着目。「大栗紙工」のまほらノート

始めにご紹介するのは、大栗紙工が手がける「まほらノート」。発達障がいを持つ方々が、既存のノートに対して感じていた”使いづらさ”を解消した商品です。

「白い紙の反射が眩しい」「罫線が認識しづらく、いつの間にか書いている行が変わってしまう」「余計な情報が気になり筆記に集中できない」といった声一つひとつに向き合い、独自の用紙の色や罫線、レイアウトを開発。

用紙は、眩しさが抑えられた目にやさしいパステルカラーの国産色上質紙を採用。さらに太・細交互横罫、あみかけ横罫というオリジナルの罫線によって、行の識別をしやすくしました。そして、ページデザインは罫線のみという極めてシンプルなもの。日付欄などの情報を全てなくし、縦書き、横書き問わず自由に使えるノートになっています。

実際に発達障がいを持つ方々へヒアリングをしながら開発・改良されていることから、グッドデザイン賞では「ノートを使う際の様々な感覚や気持ちに寄り添ったもの」と高い評価を獲得。まほらノートは、全ての人の学びにおけるバリアフリーにつながっていくことでしょう。

まほらノート
まほらノート

大栗紙工

¥893(税抜・参考価格)

Photo by www.amazon.co.jp

世界各国の情報を地球儀でチェック。「ほぼ日」のアースボール

こちらの地球儀は、その名も「ほぼ日のアースボール」です。”宇宙から見た地球の姿”をコンセプトにした本体には、国境や文字が一切書かれていないのが特徴。専用のアプリを入れたスマートフォンやタブレットをかざすことで、地球にまつわる情報が得られる全く新しい地球儀です。

リアルタイムで変化していく気象情報や、世界各国のランドマーク、歴史、朝ご飯にいたるまで、この地球儀1つで20種類以上のコンテンツが楽しめます。さまざまな情報が集約されているだけでなく、それらを通じて、私たちが住む地球をあらゆる視点で捉えられる点が最大の魅力。大人も子供も楽しみながら学べるアイテムです。

アースボール セカンドモデル
アースボール セカンドモデル

ほぼ日

¥3,960(税抜・参考価格)

Photo by item.rakuten.co.jp

手帳の自由度をとことん追求した「ほぼ日手帳」

手帳ユーザーにとって馴染み深い「ほぼ日手帳」も、グッドデザイン賞を受賞しているアイテムのひとつ。さらに、長期(10年以上)にわたり多くの人に愛されているデザインに贈られる「ロングライフデザイン賞」も受賞しています。

この「ほぼ日手帳」の特徴は、なんといっても自由度の高さ。たっぷり書き込める1日1ページのレイアウトで、自分のライフスタイルに合わせていろいろな使い方ができるんです。文庫本ほどの大きさで、気軽に持ち運べるのも嬉しいですよね。

多くの人の手にわたり進化を重ねていくだけでなく、手書きでの記録を通して新しいインスピレーションを与えている点が評価のポイント。「自分たちが欲しい手帳を作ろう」という社内のアイデアからスタートした「ほぼ日手帳」ですが、現在は日本国内のみならず、世界数十ヵ国で愛される商品となりました。

ほぼ日手帳
ほぼ日手帳

ほぼ日

¥2,200(税抜・参考価格)

Photo by www.amazon.co.jp

幅広いユーザー層を考えた交換用インク。「Too」のコピックインク

続いてご紹介するのは、イラストを描く方にとっての定番アイテム「コピック」の補充用インクです。ペン本体に直接挿すだけで簡単にインクの補充ができ、使い切ったコピックに新品のような描き心地が蘇る環境にやさしいアイテム。全358色という豊富なカラー展開も魅力です。インク残量が一目で分かる透明の軸は、見た目にも美しくて◎。

インクを補充しやすくする「ロングノズル」は、インクそのものを用いるインクアートにも活用できます。また、空のボトルを用意すれば、複数色をブレンドして自分だけのインクを調合することも。補充用インクという概念を超え、表現の幅を大きく広げた商品です。

コピックインク
コピックインク

Too

¥387(税抜・参考価格)

Photo by www.amazon.co.jp

テープの貼り付け作業の手間が軽減!「ミドリ」のクイックテープカッター

最後にご紹介するのは、「ミドリ」の「クイックテープカッター」。マスキングテープを使う際の「切り口が見つからない」「手でちぎるとボロボロになってしまう」といった悩みを解消するアイテムです。

本体上部に搭載されたスライダーを1回引くと、セットしたテープが約2cm送り出される仕組み。出口のカッターで簡単かつ綺麗にテープを切ることができます。マグネットも付いているので、使わないときはデスクや冷蔵庫に付けておける点も◎。

手帳や手紙のデコレーション、資料のラベリング、ラッピングなど、日常生活のいろいろなシーンで活躍すること間違いなし。お手持ちのマスキングテープで、ぜひ便利さを体験してみてください。

クイックテープカッター
クイックテープカッター

ミドリ

¥968(税抜・参考価格)

Photo by www.midori-store.net

グッドデザイン賞を受賞した文具で、生活をよりよいものへ

なんとなく見過ごしていた不便さや小さなストレスに向き合ってデザインされた文具は、私たちの生活のみならず、社会全体をよりよくしていく鍵となる存在。毎日の仕事や作業の頼もしいパートナーとして、グッドデザイン賞を受賞した文具を取り入れてみませんか?


また、こちらの記事では、すべての人が快適に使えるようデザインされたものを指す「ユニバーサルデザイン」の文具を紹介しています。ぜひ併せてチェックしてみてください。

関連記事