TOP
  1. Home
  2. >
  3. LIFE
  4. >
  5. 【12月】カジュアルに使...

【12月】カジュアルに使える挨拶文24例。メールや手紙に季節感を添えよう

カジュアルな挨拶を添えた手紙を送れば、離れた場所にいる相手とも、心の距離がぐっと縮まるはず。今回は、12月の手紙に使えるカジュアルな挨拶文をご紹介します。厳しい冬の寒さが本格的になる12月だからこそ、心温まる手紙のやり取りを楽しんでみませんか?

\こちらの記事もおすすめ!/

一年の締めくくりの手紙は挨拶が肝心!

一年を締めくくる月である12月。クリスマスや大晦日などの一大イベントも詰まっていることから、手紙やメールを通して普段は言えない気持ちを伝えたり、ビジネスシーンでお世話になった方へ感謝を伝えたりする機会も多いのではないでしょうか?

そんな新たな年の人付き合いにもつながる12月の手紙だからこそ、書き出しや結びの挨拶が重要なポイント。たとえカジュアルな手紙であっても、時候に合った挨拶を添えることで、より季節感のある印象的な手紙になりますよ。また、冬の寒さが厳しくなってくる時期でもあるので、コロナや体調を心配する言葉を挨拶文に入れるのも良さそうですね。

カジュアルな手紙に使える挨拶の例文集

西野由樹
西野由樹

ここからは、12月のカジュアルな手紙に使える挨拶文について、上旬・中旬・下旬の時期別に紹介しています。挨拶文が思い浮かばないときの参考にしてみてくださいね。

【上旬】カジュアルな手紙に使える12月の挨拶の例文

年末のイベントに向けて、街中でさまざまな準備が進んでいく12月の上旬。年越しの挨拶をするには少し早いので、手紙の書き出しや結びの挨拶には、冬の寒さに関する文章にするのがおすすめです。

また、クリスマスの時期が近付くと飾られるポインセチアや、寒い冬に食べたくなるおでんなど…街中の変化に関する季語を取り入れると、より12月上旬らしい季節感のある時候の挨拶になるでしょう。

    【書き出し】12月上旬の手紙に使えるカジュアルな挨拶
  • 今年もとうとうあとひと月となりました。お変わりありませんでしょうか?
  • 街のあちこちでポインセチアが目につく季節となりました。
  • コンビニのおでんが恋しい季節となりました。いかがお過ごしでしょうか?
  • 寒さが身にしみる季節になりましたね。お元気にお過ごしでしょうか?
    【結び】12月上旬の手紙に使えるカジュアルな挨拶
  • いよいよ冬本番となりました。体調を崩さないように気を付けてください。
  • 忘年会シーズンですが、くれぐれも飲みすぎないようにしてくださいね!
  • こちらには美しい雪景色が広がっています。ぜひまたご家族で遊びに来てくださいね。
  • コロナがなかなか落ち着かない日々が続いております。くれぐれもお身体ご自愛ください。

【中旬】カジュアルな手紙に使える12月の挨拶の例文

街中がクリスマスムードに包まれていく12月の中旬。カジュアルな手紙の挨拶には、そんなクリスマスを感じる言葉を取り入れるのも良いでしょう。また、冬は空気の乾燥によって星や月がいっそう美しく見える時期。そのため、ビジネスメールでは寒さだけでなく、夜空の月や星に関する時候の挨拶を添えるのも素敵ですね。

    【書き出し】12月中旬の手紙に使えるカジュアルな挨拶
  • 日が暮れるのが早くなりましたね。お変わりありませんでしょうか?
  • 寒さが日ごとに増します今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。
  • 夜空の月や星も冴えわたる今日この頃、ご清祥にお過ごしのことと拝察いたします。
  • 街はクリスマス一色。ジングルベルがそこここで聞かれる季節となりましたね。
    【結び】12月中旬の手紙に使えるカジュアルな挨拶
  • 絶好のスキーシーズンですね。ケガに気を付けて、存分に満喫してくださいね。
  • 寒さも厳しさを増しておりますので、体調を崩されませんようご留意ください。
  • 何かと気忙しい毎日かと存じますが、どうぞお身体には気をつけてください。
  • 寒がりなあなたのこと、くれぐれもお身体を大事になさってください。

【下旬】カジュアルな手紙に使える12月の挨拶の例文

大晦日が間近に迫った12月の下旬。まさに師走ムードといえるほど、年越しの準備に忙しくなる時期です。ビジネスメールやお礼状を送る場合には、「今年もお世話になりました」や「来年もよろしくお願い致します」といった一文を結びに入れると、年末らしい挨拶文になります。

親しい友達や家族への手紙であれば、「今年はあなたにとって良い年でしたか?」といったように、今年一年を振り返る一言を入れるのもGOOD。相手が「返事を書きたいな」と思うような、印象に残る手紙になるでしょう。

    【書き出し】12月下旬の手紙に使えるカジュアルな挨拶
  • 一年の締めくくりの時期となり、さぞかしお忙しいことでしょう。
  • 一年が経つのは、本当にあっという間ですね。
  • 今年ももう終わりですね。今年はあなたにとって良い一年でしたでしょうか?
  • 心せわしい年の暮れを迎えましたが、いかがお過ごしでしょうか。
    【結び】12月下旬の手紙に使えるカジュアルな挨拶
  • 慌ただしい年の暮れ、どうぞお健やかにお過ごしください。
  • ご家族お揃いで、穏やかな新年を迎えられますよう心よりお祈り申し上げます。
  • 忘年会シーズンになりましたが、風邪など召されませんようご自愛ください。
  • 今年もお世話になりました。来年もよろしくお願い致します。

12月の手紙を挨拶文でもっと印象的にしてみませんか?

一年の締めくくりにあたる12月。「師走」と呼ばれているように、イベントや年越しの準備で忙しくなる時期だからこそ、スマートな挨拶で締めくくることが大切です。ぜひ今回ご紹介した挨拶文や季語の使い方を参考に、12月に送る手紙を印象的なものにしてみましょう。

親しい人に送る手紙の結びの挨拶が知りたい方にはこちらの記事もおすすめです。気の利いた例文をたくさん紹介していますよ。

関連記事