TOP
  1. Home
  2. >
  3. LIFE
  4. >
  5. 手帳のレイアウトはどんな...

手帳のレイアウトはどんな種類がある?あなたに合った選び方を解説

手帳のレイアウトはどんな種類がある?あなたに合った選び方を解説

手帳は、スケジュール管理に欠かせないアイテム。しかしいざ購入するとなると、様々なレイアウトがあり、どれを選べば良いのか悩みますよね。今回は、手帳のレイアウトの種類や選び方をご紹介します。あなたのライフスタイルに合ったレイアウトを見つけてくださいね。

\こちらの記事もおすすめ!/

1か月の予定が一目で分かる「マンスリータイプ」

薄くて軽いミニマルな種類「月間ブロック」

「月間ブロック」は、カレンダーのようなレイアウトの初心者におすすめの種類。月単位でブロックになっているので、縦のラインで曜日ごとの予定を把握しやすくなっています。記入できるスペースは少ないですが、ひと月分の予定を一目でチェックできるタイプになります。

    月間ブロック式がおすすめなのは?
  • 細かい予定はあまり書かない。
  • 1か月の予定を一目で確認したい。
  • 曜日ごとの予定がある。
  • 薄くて軽い手帳が好き。

予定のない日や空いたスペースは、シールやスタンプでアレンジ。おしゃれにアレンジされた手帳は、見返したときにも気分が上がりますよね。アレンジを愉しむためにあえて余白の多い種類をセレクトする、そんな選び方もアリですね。

1日1行の「月間ホリゾンタル・ガントチャート」

「月間ホリゾンタル・ガントチャート」は、1日の予定を1行で書き込める種類のもの。マンスリーの予定が見開きで把握できるので、中・長期の予定が管理しやすい種類になります。月間ブロックには書き込み切れない、長めの文章を書くことが多いという方にもおすすめの種類です。

    月間ホリゾンタル・ガントチャートがおすすめなのは?
  • 1日に複数の予定がある。
  • 長期にわたる予定がある。
  • 曜日ごとの予定があまりない。

こちらは、方眼ノートをアレンジして月間ホリゾンタルにした自分手帳。見開き1ページではなく、半分をフリースペースとして活用しています。文字をみっちり書き込むのではなくイラストや押し花などを盛り込めば、手帳を開くのがさらに愉しくなりそうです。

こちらは、予定や体調などをガントチャートタイプの手帳で管理しています。長期の予定や1日のやることリストは、ガントチャートでチェックすると把握しやすくおすすめ。直近の予定を項目ごとに確認できますし、あの日の私はどんな感じだったかなと振り返ることが多い方にぴったりです。

「見開き2か月」なら長期の予定を一目で把握

「見開き2か月」の手帳は、複数の予定の把握やライフログの確認をしたい方におすすめの種類。ビジネス用として人気のあるレイアウトになります。ライフログのような振り返って見返すものであれば、通常のマンスリータイプよりも使い勝手が良いですよ。

    見開き2か月がおすすめなのは?
  • 1日に複数の予定がある。
  • 長期にわたる予定がある。
  • ライフログを確認したい。

こちらの種類は、見開き2か月のガントチャートタイプ。毎日やることが多くても忘れにくくなりますし、過去の様子や予定の進歩を2か月分まとめてチェックできます。項目が少ない場合は、写真のようにマスキングテープを使えば空欄をおしゃれにカスタマイズできますね。

2か月見開きのガントチャートタイプの手帳に、予定を期間ごとにカラー分けしたアレンジ。長期にわたる予定が複数ある時にも分かりやすいですし、好きな色でまとまっていると気持ちも上がり、忙しさをモチベーションに変換できそう。

1週間ごとの予定が分かる「ウィークリータイプ」

時間ごとの予定が書き込める「週間バーチカル」

「週間バーチカル」は、ウィークリーの予定を時間ごとに書き込める種類のレイアウト。30分ごとにメモリがついているものが多く、細かくスケジュールの把握ができます。時間管理がしやすくなるので、仕事のシフトや時間割を書き込むことを目的として選ぶ方が多い種類になります。

    週刊バーチカルがおすすめなのは?
  • 時間ごとの予定が多い。
  • 行動をしっかり把握したい。
  • イラストなどはあまり描かない派。

バーチカルタイプの手帳は書き込む場所が少ないのですが、画像のように付箋をプラスすることでスペースを追加できます。目的やシーンに合わせて付箋の色を変えれば、分かりやすいだけでなく目にも愉しい仕上がりに。色々な種類の付箋を用意しておきたくなりますね。

こちらの方は、バーチカル手帳をシールやスタンプでおしゃれにアレンジ。吹き出しにコメントを書き込んだりと、充実した手帳時間を愉しめそうです。スペースの使い方に悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてください。

予定がたくさんある方は「見開き2週間・セパレート」

「見開き2週間・セパレート」の手帳は、2週間の予定を一度に見ることが出来、フリースペースの多い種類。1日の予定が多い方や、日記など予定以外の文章も綴りたいという方におすすめです。たくさん書けるので、予定以外の一言を添えたり、家族の予定なども管理しやすいですよ。

    見開き2週間・セパレートがおすすめなのは?
  • 予定がたくさんある。
  • 時間単位の予定はあまりない。
  • 一言日記など、予定以外の文章を綴りたい。

こちらは、ドットノートを自分流のアレンジでセパレートにした手帳。涼し気な水色で統一されたひんやりスイーツが素敵ですね。たくさんの予定を書けるセパレートタイプの手帳ですが、びっしり書き込まないといけない、なんて決まりはありません。

この方のように、自由にのびのびと、自分なりの使い方を楽しんでみませんか?一から自分仕様のものを創ることが好きな方は、ぜひこちらの方のようなアレンジをお試しください。

自由度の高い種類。「1週間メモ・レフト」

「1週間メモ・レフト」は、左側に予定を、右側にメモを書き込める種類のウィークリー手帳。右側がフリースペースのレイアウトなので、自由度が高く人気の種類です。タスク管理や欲しいものリストなど、アイデア次第で使い方が広がりますよ。

    1週間メモ・レフトがおすすめなのは?
  • 予定以外のメモも1ページで確認したい。
  • イラストやシールでおしゃれに飾りたい。
  • 自由に書き込みやすい手帳が好き。

こちらの方は、1週間レフトタイプの手帳を朝顔のシールでアレンジしています。季節やシーンに合わせた種類のシールを選べば、後から手帳を開いたときに予定だけでなくその時の思い出も鮮明に思い出せそうです。右側のフリースペースも素敵に活用されていますね。

こちらは、1週間レフトタイプの左側を3等分にしてアレンジしています。レフトタイプは、時間ごとの管理が難しい種類。ウィークリー部分の書き込みを「朝・昼・晩」と3等分することで、予定を把握しやすくされています。

スケジュール管理以外の使い方が出来る手帳

たっぷり書きたい人は「1ページ1日タイプ」

「1ページ1日タイプ」は、まるまる1ページたっぷり書き込める種類。予定を書き込むのはもちろん、ダイアリーとしても使えると人気です。中身のスペースが広いので自由度も高く、イラストや写真、シールなどもふんだんに盛り込めます。

    1ページ1日タイプがおすすめなのは?
  • 1日の予定をたっぷり書きたい。
  • 日記などにも活用したい。
  • アレンジやカスタマイズが好き。

こちらは、罫線をアレンジした1日1ページ手帳。本来の種類は方眼タイプですが、波に見立てた罫線を描いた別の用紙を貼り付けています。罫線の波に乗る白鳥も可愛いですね。自由度が高い種類の手帳だからこそできる、おすすめのカスタマイズです。

たっぷりと書き込める種類の手帳は、ゆったりとした時間をくれます。日記を書く時間を作れば、忙しい日々にも心のゆとりが生まれ、綴ったものは何度でも開きたくなります。そんな風に、書き込む時間も読み返す時間も、きっとあなたの心を満たしてくれるはず。

こちらの方は、1日1ページの手帳にゲームの記録を綴っています。ゲーム上では上書きされても、ノートにはレベルアップの過程の記録を残せます。後から振り返ったときにはしみじみと達成感を得られますし、ゲーム中での様々な感情が蘇り、今よりももっとゲームのレベルアップが楽しみになりそう。

大好きな趣味を書き込んだ手帳は、ワクワクがたっぷり詰め込まれた宝物になるはず。同じ趣味を持つ仲間と手帳を見れば、一緒に愉快な時間が過ごせそうですね。

予定とお金の動きを1冊で。「お金管理タイプ」

お金の管理もきちんとしたいという方には、スケジュール帳と家計簿が一緒になっている種類の「お金管理タイプ」がおすすめ。お金管理のページが別になっている種類や、予定の横に簡易的に書くタイプなどがあります。

    お金管理タイプがおすすめなのは?
  • 手帳はあまり持ち歩かない。
  • お金の動きを把握したい。
  • 手軽に家計簿を付けたい。

こちらは、スケジュールとお金管理のページが別れた種類。ページは別ですが交互になっている手帳なので、マンスリーで管理ができます。お金管理ページは1日1行のタイプなので、本格的な家計簿は苦手という方におすすめです。

マネースケジュール帳
マネースケジュール帳

デザインフィル ミドリ

¥1,650(税込・参考価格)

Photo by www.midori-store.net

フリースペースの多い手帳はダイアリーに

マンスリーやウィークリーになったスケジュールを書き込むスペース以外に、フリーページが多い種類もあります。予定を書く部分と自由ページが分かれているので、全く別の使い方ができますよ。たっぷり書き込めるので、ダイアリースペースとしておすすめです。

    ダイアリータイプがおすすめなのは?
  • 予定と日記を1冊で管理したい。
  • 文章をたっぷり書きたい。
  • アレンジやカスタマイズが好き。

こちらは、好きな写真を貼ってカスタマイズした手帳。内容に合った写真にこだわらずお気に入りの絵や写真を貼れば、手帳を開く時間が愉しみに。ダイアリータイプはフリースペースがたっぷりあるので、少し大きめな写真でも貼れます。

ダイアリータイプの手帳だからといって、文字を目一杯書く必要はありません。詰め込みすぎず余白を作ることで、見た目にも美しく心にも余裕が生まれます。文字を書く前に先にシールなどでアレンジするのがコツ。また、ページの上下左右に余裕を作るとスッキリします。

こちらは、スタンプをたくさん押してカスタマイズされたオリジナルノート。葉っぱのスタンプはグルリと輪になるように押してあり、素敵なフレームになっています。アイデア次第でいろいろな使い方ができるので、スタンプがたくさん欲しくなってしまいますね。

marceau
marceau

手帳に合うおしゃれなスタンプが欲しいという方は、以下の記事をご覧ください。心躍るような素敵なスタンプが、たくさんセレクトされています!

関連記事

ライフスタイルに合った種類の手帳を選んで

手帳は、シーンや目的などそれぞれのライフスタイルに合わせて選ぶことで、使い勝手が良くなります。手帳に予定を書き込む時間は、スケジュールの把握だけでなく、きっと心が整う自分時間にもなるはず。それぞれの特徴やおしゃれな使い方を参考にして、あなたにぴったりのフォーマットをみつけてくださいね!