TOP
  1. Home
  2. >
  3. TOPICS
  4. >
  5. いつものページにもうひと...

いつものページにもうひと工夫!手帳を彩るマイルドライナーの使い方アイデア

手帳のデコレーションで活躍してくれる、色とりどりのペンやマーカー。たくさんのアイテムの中で注目したいのが、“おだやか色”を集めたマイルドライナーです。マーカーにも色塗りにも使えるマイルドライナーでどんなアレンジをしてみようか、お手本を見に行きませんか?

\こちらの記事もおすすめ!/

マイルドライナーってどんなペン?

子どもの頃、色とりどりのラインマーカーを集めていた記憶はありませんか?イラストに色塗りしたり、交換ノートや手紙のデコレーションに使ったり。鮮やかな色をいくつも重ねて、描く楽しさに夢中になる時間。「大人になっても、色で遊ぶワクワクを感じてみたい」そんな思いに応えてくれるのが、マイルドライナーです。

マイルドライナーは、“おだやか色のラインマーカー”をコンセプトとして、ZEBRAから誕生しました。全部で25色の幅広いカラーバリエーションが、自慢のひとつ。厳選した1本だけ選ぶ、なんてことは諦めて、色の組み合わせを楽しんで。カラータイプごとの5色セットもあり、お出かけ先にまとめて持ち運べますよ。

また、蛍光ペンよりも柔らかなトーンでラインを引けるので、文字や絵を潰してしまう心配もありません。目に優しいマーキングが、心まで落ち着かせてくれそう。さらに太・細両用のペン先を使い分ければ、ラインマーカーとしてもカラーペンとしても大活躍します。ついシンプルになりがちな手帳の中身を、マイルドライナーで自分らしく彩ってみませんか?

マイルドライナー 5色セット
マイルドライナー 5色セット

ZEBRA

¥660(税込・参考価格)

Photo by item.rakuten.co.jp

マイルドライナーで手帳をアレンジするなら?

紫原もこ
紫原もこ

手帳にスケジュールや日々の記録を書き込んでいる、という方も多いはず。ポイントごとに色分けしてまとめれば、見返した時にわかりやすいですよね。また、手描きのイラストに色をつけることで、思い出もより一層強く刻まれるでしょう。そんな風に手帳をアレンジするなら、マイルドライナーがおすすめ。どんな活かし方ができるのか、一緒に探っていきましょう!

その1.ラインで描くオリジナルデザイン

こちらの方は、Todoリストや箇条書きの日記で1日の振り返りをされています。今日できたことを並べてみたら、達成感が湧いてきますよね。また、どんな出来事に心動かされたのかを記しておけば、自分の気持ちを見つめ直す機会にもなるはず。

シンプルにまとめたページは、ちょっとしたアクセントを加えることで一気に自分らしく輝きます。マスキングテープで淡い図形の模様を散りばめたなら、想像力の赴くままにマイルドライナーを手に取って。好きな長さとカラーでラインを重ねていくと、オリジナルのチェック柄が完成!

マスキングテープと同系色のマーカーを使っておそろいに仕立てているところも、絶妙なバランス感覚です。白紙のノートとマイルドライナー、どちらも無限の可能性を秘めた文具ではないでしょうか。

その2.ラインマーカーで時間の管理もワンタッチ

こちらは、ルーズリーフを活用した自作のライフログ。毎日のタスクと献立を管理しつつ、短めの日記も添えて、家事の合間にも書き込めるよう工夫されていますね。メインの記録となっているのは、1日の育児の流れです。時間帯ごとに何をしていたか、また赤ちゃんがどんな様子だったのか、これを見るだけでパッと思い出せるでしょう。

特に、お昼寝などまとまった時間の記録には、ラインマーカーがうってつけ。かかった時間もひと目でわかります。蛍光ペンより落ち着いた色分けができるから、子育ての疲れもほんのり癒されそう。手書きの文字とマイルドライナーで、すくすく成長していく子どもの姿を見守りましょう。

その3.イラストにマイルドな温もりを添えて

マイルドライナーの使い方は、マーキングだけにあらず。色鉛筆のように柔らかいカラータイプが揃っているから、塗り絵にもぴったりなんです。

「買って良かった!」という喜びがストレートに伝わってくる、こちらの投稿。実際にスプーンを使ってみた感想コメントからも、お気に入りのアイテムであることがよくわかります。

見た目の美しさと、使い心地の良さ。そんなスプーンとの出会いには、マイルドライナーで色づけたイラストを添えましょう。いつもの1日が、“素敵な買い物ができた日”へと変わります。マイルドライナーで色を乗せ、手帳にたくさん記念日を作っていってくださいね。

その4.手描きアイコンにほっこりと

お手製のアイコンで、手帳をワイワイと賑やかにしてみてはどうでしょう?こちらの手帳からは、自然豊かな北欧の森へと遊びに行けますよ。クマやウサギ、キツネと挨拶を交わしたり、小鳥に手紙を託したり。日常にひょっこりと現れた、森の物語を追いかけたくなります。

マイルドライナーの両端には、太さの異なるペン先がついています。太めのペンで花や木、動物たちをかたどったら、細いペンで仕上げていきましょう。5色セットで色のタイプを固めてみても、25色のペンを贅沢に使ってみてもいいかも。手描きの良さをさらに活かすカラーリングが、マイルドライナーの大きな魅力ですね。

その5.ノートのデコレーションに

手帳やノートを自由に飾り立てる時には、マイルドライナーを登場させましょう。こちらの方は、文具をゲットしたお祝いデコレーションとして、テープやペンをフル活用。文具繋がりでメモ帳の柄部分を貼り付け、全体もツートンカラーでシンプルにまとめています。マイルドライナーで描かれたドット模様からは、じんわり温もりが滲んでくるかのよう。

赤と青の組み合わせは目がチカチカしそうなイメージですが、マイルドライナーなら大丈夫。鮮やかさと柔らかさをふんわり両立させてくれますよ。「デコレーションってセンスがないと難しそう」と思っている方も、まずは気軽にマイルドライナーのデコレーションを楽しんでみてください。

マイルドライナーで手帳に笑顔を咲かせましょう

人気の高まっている手帳デコレーションには、カラーペンを使ったアイデアがおすすめです。“おだやか色”が揃ったマイルドライナーなら、いつ振り返っても暖かく迎えてくれるような手帳作りができますよ。落ち着いた部屋の中に、そっと小さな花瓶を置いたような雰囲気を味わいましょう。

マイルドライナーによる色分けや使い方は、すべて自分次第。ラインマーカーとして使うことはもちろん、絵筆の代わりにイラストを描くことだってお任せあれ。たくさん試せば試すほど、手帳には思い出の足跡が色とりどりに残るでしょう。「今日はどんな色を咲かせようかな」と、マイルドライナーを片手に考える時間を過ごしてみて。

関連記事

関連記事