TOP
  1. Home
  2. >
  3. TOPICS
  4. >
  5. 目で見ておしゃれ、使って...

目で見ておしゃれ、使って満足。日本にもファンの多いKAWECOの万年筆シリーズ

ドイツの筆記具ブランドであるKAWECO(カヴェコ)は、日本にも愛用者がたくさん。中でも万年筆のシリーズはバラエティに富んでいて、どれか1本を選ぶとしたら困ってしまうほどです。今回は、持ち主の目と手を満たしてくれるKAWECOの万年筆たちをご紹介しますね。

\こちらの記事もおすすめ!/

KAWECO(カヴェコ)ってどんなブランド?

KAWECOは、100年以上も昔の1883年にドイツで誕生した筆記具ブランドです。創業者2人の名前から名づけられ、万年筆やボールペン、シャープペンシルと馴染み深い筆記具を製作。一度、1976年に歴史の幕を降ろしたのですが、1995年には同じドイツのグッドバレット社のもとで復刻されました。以来今日に至るまで、世界中のKAWECOファンから愛され続けています。

KAWECOといえば、繰り出し式のセーフティ万年筆を開発したことで有名です。また、軽くて持ち運びやすいスポーツシリーズの人気は高く、1972年のミュンヘン・オリンピックでは公式ペンとして使用されたそう。

伝統的な筆記具に新しい機能性をプラスするという“温故知新”の発想に、クラシカルなデザインが合わさったKAWECO。愛用され続けている理由は、時代を乗り越えてきたKAWECOの歩みにあるのかもしれませんね。

KAWECOの万年筆、あなたならどれを手に取る?

紫原もこ
紫原もこ

それぞれ個性を持って、「私はどうかしら?」と問いかけてくるKAWECOの万年筆。同じシリーズで色違いを集めたくなったり、好みのデザインを1つずつ選んだり。子どものようにワクワクした気持ちで、万年筆選びを楽しんで!

「スカイラインスポーツ」をお供に

KAWECOの定番シリーズ「クラシックスポーツ」をベースとしたスカイラインスポーツは、日本でも人気のアイテム。ペン先とキャップ底のブランドエンブレム、本体のロゴがシルバーで統一されていて、凛とした印象に。

柔らかなカラーバリエーションがとりわけ目を引くところも、スカイラインスポーツの魅力です。爽やかなミントや温もり感じるマキアートなど、ほっこり一息ついて書き物をしたくなる色ばかり。さらに、ボールペンやシャープペンシルにも派生した、種類の豊富さを見逃さないで。

スカイラインスポーツを始めとして、KAWECOの万年筆は携帯性ばっちり。樹脂素材で作られているので、軽くて持ち運びやすいんです。また、握りやすい太めの軸によって安定した書き心地を実現。万年筆に慣れていない方でも、どんどん使い込んでいけるでしょう。

書かない時にはポケットに収まるコンパクトなサイズですが、書く時にはキャップを取り付けて握りやすい長さになるところも嬉しいポイント。万年筆は家でお留守番、なんて概念を投げ捨てて、どこにでも一緒にお出かけできますよ。

スカイラインスポーツ
スカイラインスポーツ

KAWECO

¥3,300(税込・参考価格)

Photo by item.rakuten.co.jp

「フロステッドスポーツ」と駆け出そう

フロステッドスポーツは、なんといってもその透明感に惹きつけられてしまいます。スケルトンボディに明るい色を乗せて、どこまでも爽快に。まるで吹き抜けていく夏の風が、目の前に現れたかのよう。KAWECOのシルバーロゴも、さらに輝いて見えるのではないでしょうか。

また、本体カラーのネーミングにも注目してみて。ナチュラルココナッツやライトブルーベリーなど、なんとも美味しそうな名前なんです。ボディに合わせたインク色を入れて、彩り鮮やかな万年筆として使うのもおすすめです。

スポーツシリーズの一員として、樹脂製の軽いボディと手のひらサイズはそのままに。心ときめく透け感に加えて、使いやすさも抜群です。日々の記録から、書き留めておきたいメモまで。いつでも自由に書くことを楽しめる、良きパートナーとなってくれるはずですよ。

フロステッドスポーツ
フロステッドスポーツ

KAWECO

¥3,300(税込・参考価格)

Photo by item.rakuten.co.jp

「スプラ」に思い出を重ねて

真鍮で形作られたボディに、これからの時間を刻みたくなるスプラ。素材感を活かし、重厚なイメージの製品となっています。

大きな特徴は、首軸・胴軸・連結パーツ・キャップの4種類を組み合わせられるところ。連結パーツを取り付ければ、ロングサイズの万年筆としてシックに使えますよ。反対に連結パーツを外すと、ポケットにも収まる仕様に。真鍮の万年筆を持ち歩くという、贅沢な気分を体験できます。

機能性と携帯性を兼ね揃えたスプラは、デザインにもさりげなくこだわっています。キャップに記されたKAWECOのブランド名が特別感を高めるアクセントに。また、経年変化の魔法によってどんな姿に変わっていくのか、見守りたくなりますね。ゆっくりと歩調を合わせ、自分だけの一点ものを育ててみてください。

スプラ
スプラ

KAWECO

¥11,900(税込・参考価格)

Photo by item.rakuten.co.jp

「スチューデント」にあの頃を見つけて

スチューデントは、もともとドイツの大学にある小さなお店で販売されていた製品です。ハッと目を引く色合いの軸とゴールドの装飾は、古今東西変わらぬ学生のおしゃれ心を満たしてくれたはず。

もちろん、勉強に大切な機能性もばっちり備えています。ボディを握りやすく設計することで、ノートへの書き込みもスムーズに。「便利でずっと使いたくなる」文具としての役割を見事に果たしています。

こちらは、スチューデントのセブンティーズソウル。弾むようなオレンジ色のキャップと明るいホワイトボディが、若々しさを感じさせます。そこに添えられた金色のクリップが、どことなく背伸びした学生さんのよう。セブンティーズソウルの名前にならって、70年代の日本や海外文化に触れてみても面白そうですよね。

スチューデント
スチューデント

KAWECO

¥9,900(税込・参考価格)

Photo by item.rakuten.co.jp

レトロに浸る「パケオ」

パケオは、20世紀初めに発売された万年筆の復刻版として登場しました。これまでご紹介した万年筆シリーズとは少し変わって、マット加工が施されています。パケオという名前の響きも重なって、柔らかく、親しみやすい印象に。

キャップ部分は八角形、本体は十六角形という細やかなフォルムに仕立てて、握り心地を追求。持ちやすくなったグリップのおかげで、万年筆で書くことへのハードルもぐっと下がるのではないでしょうか。

こちらの投稿では、パケオのブリージーティールが新しい手帳のお供に。マットな水色は、KAWECOでしか味わえないニュアンスカラー。また、KAWECO純正のインクカートリッジとボトルインクがあるところも要チェックです。文具とインクの色遊びを思いっきり楽しんでみてはいかがでしょう?

パケオ
パケオ

KAWECO

¥2,200(税込・参考価格)

Photo by item.rakuten.co.jp

万年筆でKAWECOのトリコに

昔々ドイツで生まれ、今なお復刻版の筆記具たちが愛用されているKAWECO。万年筆にボールペン、シャープペンシル…KAWECOの生み出した種類豊かなアイテムが、人々の「書く」という営みを支え続けてきました。とりわけKAWECOの万年筆は、日本でも広く親しまれています。

その秘密は、携帯性に優れた機能と、アイデアを惜しみなく注いだデザインにあり。さっと鞄やケースから取り出して書き出せば、「それって万年筆だったの?」と驚かれてしまうかも。万年筆のイメージを飛び越えていくKAWECOのトリコとなって、ときめく書き物の時間を過ごしてみませんか?

関連記事

関連記事