TOP
  1. Home
  2. >
  3. LIFE
  4. >
  5. 【サクっと簡単】プレゼン...

【サクっと簡単】プレゼントが映えるおしゃれなラッピング方法&アイデア9つ!

家族や友人、パートナーなど…大切な人へ贈るプレゼントは、ラッピングにもこだわってみませんか?一手間かけたおしゃれなラッピングは、プレゼントをより魅力的に演出してくれますよ。この記事では、簡単に実践できるおしゃれなラッピングのやり方やアイデアをご紹介します。

CHECK!
Suuuh編集部で「自由丁」へ。
1年後の自分に手紙を綴りました
この特集をよむ
CHECK!
《歌舞伎座新開場10周年》歌舞伎デビューしてみない?観劇のあとは、レトロ文具を手に入れて
この特集をよむ

おしゃれなラッピングでプレゼントがもっと印象的に。

贈られた瞬間にぱっと目に飛び込んでくるおしゃれな包装紙と装飾、リボンをほどくワクワク感…。ラッピングは、プレゼントを開ける瞬間をロマンチックに演出してくれる「魔法」のような存在です。

そんなラッピングをおしゃれに仕上げれば、何気ないプレゼントも贈った相手の心に残る、かけがえのない宝物になるでしょう。ラッピングの仕方についても、決して難しいものばかりではありません。細かい作業が苦手な方でも簡単にできるアイデアが数多くあるので、ぜひチャレンジしてみてください。

【袋編】簡単にできるおしゃれな5つのラッピングアイデア

西野由樹
西野由樹

ここからは、簡単にできるおしゃれなラッピングをご紹介します。まずは、袋を使ったラッピングの仕方を見ていきましょう。

基本のじゃばら折り

袋を使った簡単なラッピング方法に「じゃばら折り」があります。袋さえあれば簡単に実践できるうえ、キーホルダーなどの小物類や包装紙では包みにくいものをラッピングするときにも活用できますよ。

    「じゃばら折り」の簡単なやり方
  1. プレゼントの大きさに合わせて、リボンやモールで留める位置を決めます。
  2. 決めた位置を指で抑えながら、袋の口を山折り・谷折りを交互に繰り返し、じゃばらを作ります。
  3. 袋の口を全て折り終えたら、リボンやモールで押さえていた部分を留めて完成です。

取り出し口をレースでおしゃれに演出

シンプルなギフト袋を使ってラッピングする場合は、取り出し口もおしゃれにアレンジしてみましょう。特に100均でも入手できるレースペーパーを使ったアレンジが筆者のおすすめ。のりやテープがなくても、簡単に袋をおしゃれにデコレーションできます。

とくにお菓子やタオルなどの柔らかいものを包む場合は、紐やリボンなどを使ったときよりも、袋にシワがつくことなく簡単にラッピングできます。取り出し口をおしゃれにアレンジすれば、プレゼントを開ける瞬間をさらに魅力的に演出してくれるでしょう。

台紙を付けてショップ風に

お菓子やハンドメイドのキーホルダー、アクセサリーをプレゼントするなら、透明フィルムに台紙を付けてみましょう。まるでお店で売っているアイテムのように、おしゃれな見た目になりますよ。

やり方は、プレゼントを入れたフィルムの口を台紙で挟み、ホチキスで留めるだけと簡単!台紙部分には、プレゼントを贈る相手の名前やメッセージを添えると良いでしょう。

リボンをかけて可愛らしさアップ

大きめのプレゼントを袋でラッピングする際には、リボンを活用することで簡単におしゃれで華やかな雰囲気を演出できます。結んだリボンにチャームやメッセージカードを付けるなど、アレンジを加えてもOK。

また、同じリボンでも、素材やデザインによって印象を変えられるのもこのラッピングのポイント。高級感を演出したいなら光沢のあるサテン生地、可愛い雰囲気にまとめるならチェック柄やレース素材のリボンがおすすめです。

タグを添えるだけで凝ったラッピングに

キーホルダーやハンドメイドのお菓子など、小さいものをプレゼントする際には「タグ」をリボンに結び付けるのもおすすめです。プレゼントを贈る相手の名前を書いたり、ちょっとしたメッセージを添えたり…と、簡単なアレンジでプレゼントの印象をアップできるでしょう。

透明フィルムを使ってラッピングをする際には、小型のパンチなどであけた穴にタグを付けるとおしゃれですよ。カラーペンやマスキングテープなどで、タグ自体をデコレーションするのもGOOD。

【箱編】簡単にできるおしゃれな4つのラッピングアイデア

基本のキャラメル包み

タオルセットや和菓子など、箱に入っているアイテムをラッピングする際には「キャラメル包み」という包み方にチャレンジしてみましょう。正方形・長方形問わず活用できるラッピング方法で、一度コツを掴めば簡単にできるようになりますよ。

    「キャラメル包み」の簡単なやり方
  1. 箱を裏返し、包装紙の中心に置きます。
  2. 包装紙の端を重ね、テープで留めます。
  3. 左右の口から手を入れ、中の箱が包装紙の中心にくるように位置を調節します。
  4. 片方の口を正面に向け、箱の両脇から包装紙を内側へ折ります。
  5. 上下に出っ張った包装紙が三角形になるように、包装紙をしっかり箱に沿わせましょう。
  6. 三角形の部分を内側に折り合わせ、重なった部分にテープを留めます。
  7. 反対側も、同じように折り合わせたら完成です。

シーリングワックスで手紙を留める

プレゼントに手紙やメッセージカードを添える際には、箱や封筒にシーリングワックスを使うのも可愛いですよ。シーリングワックスは、ヨーロッパでよく使われている手紙や文書を密封する際に使うアイテム。

シーリングスタンプと蝋があれば簡単に実践できます。アンティークのようにおしゃれな雰囲気が演出できるので、ラッピングのアクセントにもなりますね。

また、シーリングワックスに使うスタンプや蝋にはさまざまな種類があるので、プレゼントする相手のイメージに合ったものを使うとさらにGOOD!

ドライフラワーを添えて特別感を演出

プレゼントをもっと印象的にしたい場合には、ラッピングにドライフラワーを添えるのもおしゃれですよ。ラッピングに使うリボンや紐と一緒にドライフラワーを結ぶだけで簡単に実践できて◎。プレゼントを贈るシーズンに合った花を使えば、季節感のある可愛いギフトラッピングに仕上がります。

ちなみに平安時代の日本では、親しい人へ和歌をプレゼントする際、花の枝を添えることで自身の想いを相手へ伝えていたのだとか。そんな日本の古き良き文化にならい、相手への気持ちを表す「花言葉」を持つ花を添えるのも素敵ですね。

中身で魅せるラッピング

タオルやアルバムなど、ギフト自体のデザインがおしゃれな場合には、あえて中身が見えるようにラッピングすると印象的になります。こちらの方は、透明フィルムを使いトレーシングペーパーで帯を巻いていますよ。リボンやカードを添えれば特別感もアップ。

食器やハンドメイドグッズ、柔らかいものなど、衝撃で壊れやすいものをプレゼントする場合は緩衝材を入れるのを忘れずに!カラフルなネストパッキンや発泡スチロールなどと一緒にラッピングすれば、破損防止とおしゃれな見た目を両立させられますよ。

簡単なラッピングでプレゼントをコーディネートしてみませんか?

ラッピングの仕方を考える時間も、プレゼントを贈るときの醍醐味。「どんな色の包装紙にしようかな?」「あの人のイメージに合った飾りを使いたいな…」といったように、相手のことを想像しながら、ぜひプレゼントを素敵にアレンジしてみてくださいね。あなたと相手の方の心を結ぶ、おしゃれなラッピングが完成しますように!

他のラッピングアイデアも知りたい方にはこちらの記事もおすすめです。思わず真似したくなるような、素敵なラッピングアレンジを豊富にご紹介していますよ。

関連記事