TOP
  1. Home
  2. >
  3. LIFE
  4. >
  5. 簡単にできる手帳デコのコ...

簡単にできる手帳デコのコツ。ペンやシールを活用してお気に入りのページを作ろう

スケジュールが文字で書き込まれただけの手帳は、ちょっぴり単調で寂しい印象ですよね。そこでこの記事では、ペンやシールを使った簡単な手帳デコのコツをご紹介。お手本にしたいInstagram投稿と一緒に、かわいいページを作るポイントをチェックしていきましょう!

\こちらの記事もおすすめ!/

手帳デコのコツを知って、世界に1つだけのオリジナル手帳を作ろう。

文具店で一目惚れして購入した花のシールや、ずっと使ってみたかったおしゃれな色のマスキングテープ、最近練習している手書きイラスト…。ぜひこれらを組み合わせて、あなたの「好き」を集めたとっておきの手帳を作ってみませんか?アイテムの組み合わせや配置にはコツがいることもありますが、まずは好みのデザインをお手本にしてチャレンジすれば大丈夫。

自分の「好き」を再確認しながら丁寧に作り上げた手帳は、世界に1つだけのオリジナル。開くたびにあなたの毎日を楽しく彩ってくれますよ。

あなたの手帳がとびきり可愛くなる。手帳デコのコツ・アイデア

笠原加帆
笠原加帆

まずは、Instagramの素敵な手帳デコの投稿を見て、おしゃれなデコレーションのコツを掴んでいきましょう。

開くたびにきゅん。シート状のマスキングテープを使った手帳デコ

こちらは、見開き1ページにわたる春らしさ満点の手帳デコ。シンプルなマンスリーページを、桜の木や花々で華やかにデコレーションしています。春特有のきらめきや空気感が伝わってきて、いつまでも眺めていたくなりますね。桜の花びらが風にのって流れているようなレイアウトにときめきが止まりません。

このページを作っているのはシールではなく、自由に切り貼りできるシート状のマスキングテープ。パーツを少し重ねて貼ると、簡単に奥行きを表現できますよ。

こんなに素敵なデコレーションができるようになれば、季節の移り変わりをより楽しく感じられそう。さっそく来月のページから真似してみてはいかがでしょうか?

アレンジいろいろ。かわいいフレームで手帳デコ

こちらの投稿にあるようなフレームは、日付や見出しをかわいく囲ったり、メモやTODOリストを目立たせたりと、いろいろな使い方ができる縁の下の力持ちのような存在。簡単に描けるので、手書きのイラストに自信がない方にもおすすめしたいアイデアです。

キャリーケースのイラストは、旅行の予定があるたびに手帳に登場させたくなりますね。自分のキャリーケースと同じカラーのペンで描くと、より愛着が持てそう。


枠内に文字を入れるときにはサイズ感が重要なので、たくさん描いてコツを掴んでおきたいところ。これを機会にぜひ練習してみてくださいね。

大きめのシールをアクセントに。シンプルでおしゃれな簡単手帳デコ

シンプルでおしゃれな雰囲気が好きな方におすすめなのが、こちらの手帳デコ。ページを開いて真っ先に目に留まる儚げなお花のシールが主役です。

使われているカラーペンが、お花の色とリンクしたくすみイエローなのも注目ポイント。色味を合わせて統一感を出すことで、おしゃれ度がアップしますよ。

大きいシールを1つ貼るという簡単なデコレーション方法なので、複数枚のシールの配置に悩むことなく簡単で◎。季節のお花やお気に入りのステッカーなど、今月の主役にどれを登場させよう?と考えるのも楽しい時間ですね。

マスキングテープをセンスよく貼って。大人カラフルな手帳デコ

こちらは、2種類のマスキングテープを使った手帳デコ。カラフルなのに大人っぽい、マスキングテープのチョイスも素敵です。

手帳の枠を超えてマスキングテープが貼られている様子が、まるで自由に鳥が飛んでいるよう。ジグザグと斜めに配置するのが、バランスよく仕上がるコツですよ。デコレーションの配置で迷ってしまう方はぜひ参考にしてみてください。

また、1種類はそのままに、もう1種類は絵柄を切り取るといったマスキングテープの使い方も真似したいところ。空いた時間にマスキングテープをクッキングシートに貼り、切り取ってフレークシール化しておくのもおすすめです。

色味を合わせるのが統一感を出すコツ。シールを使ったかわいい手帳デコ

こちらの方は、週間バーチカルにたっぷりのシールを貼って手帳デコを楽しんでいます。随所に貼られているさまざまな動物たちの表情や姿に癒されますよね。

こんなにたくさんのシールを使っているのに、ごちゃついて見えないのはシールの全体的な色味を合わせているおかげ。シールを使った手帳デコに挑戦したいけど、騒がしい印象になりそうで不安…といった方に、ぜひ参考にしてほしいポイントです。

たっぷりのシールを使った手帳デコは、完成したページを開くときだけでなく、作っているときのワクワク感もひとしお。あなたのお気に入りを、自由に散りばめてみてください。

デコレーションにおすすめのペン・シールたち

イラスト初心者にもおすすめ。ドローイング用ペン「ラッション」

手書きのイラストで手帳デコをしたい方におすすめなのが、「寺西化学」の「ラッション」です。濃く、はっきり描けるのが特徴で、消しゴムでこすっても薄くなりにくいところがポイント。鉛筆で書いた下書きを消すときや、イラストの横にシャーペンでスケジュールを書くときに嬉しいですね。

ペンの太さは、0.03mm〜1.0mmの全9種類。細かく書き込みたいときには、0.3mm以下がおすすめです。どれもペン先が固めなので、ドローイングペン初心者でも扱いやすいですよ。

また、耐光性もあるので光にあてても大丈夫。手帳だけでなく、掲示用のイラストを描きたいときにもおすすめです。

ラッション ドローイングペン
ラッション ドローイングペン

寺西化学

¥165(税込・参考価格)

Photo by hb.afl.rakuten.co.jp

SNSでも人気のカラーペン。「三菱鉛筆」の「EMOTT」

「三菱鉛筆」の「EMOTT」は、その使いやすさとデザインのかわいさからSNSでも人気のカラーペンです。裏抜けしにくく滲みにくいので、手帳やノートのデコレーションにぴったり。描線は0.4mmで、細かいイラストに色付けするときにも便利な細さです。

今回ご紹介する5色セットは、「NATURE COLOR」や「RETRO COLOR」など、それぞれの世界観に合った全12パターンがラインナップ。ペンスタンドが付いており、デスクに置いて使えるのも魅力です。かわいく並んだペンを眺めていると、手帳デコのアイデアがますます浮かんできそうですね。

EMOTT
EMOTT

三菱鉛筆

¥1,100(税込・参考価格)

Photo by hb.afl.rakuten.co.jp

手帳をかわいいでいっぱいにしよう。花束柄のマスキングテープ「Hanataba」

こちらは、人気イラストレーターadmi(アドゥミ)さんのイラストがデザインされたマスキングテープ。淡いカラーとゆるいタッチの花束に癒されます。

そのまま貼ってもおしゃれですが、花束を一つひとつ切り取って使うのもおすすめ。包みの部分に日付を書いて、日付シールを作るのもいいですね。先述のInstagramの投稿から配置のコツを学んで、センスよく貼っていきましょう。

また、バースデーカード作りやラッピングなど、手帳に限らずいろいろな使い方が楽しめます。個性豊かな6種類の花束の中から、今の気分にぴったり来るものを選んでみてください。

マスキングテープ admi  [ Hanataba ]
マスキングテープ admi [ Hanataba ]

¥660(税込・参考価格)

Photo by hb.afl.rakuten.co.jp

手帳のアクセントに使いたい。ポップなカラーが目を引くステッカー

こちらは、レトロな色合いがかわいいカラフルなステッカーです。存在感があり、ページに1枚貼るだけで手帳がぐっとおしゃれに仕上がります。

文字が書き込めるメモタイプなので、タスクやメモを強調させたいときにおすすめ。リボンや柄を描き足したり、四隅を切って形を変えたりと、自由なアレンジも楽しめますよ。

引き出しのラベルやカレンダーの目印など、活用方法はさまざま。日常で目にするいろいろな場所に貼ることで、彩りが足され明るい気持ちになれそうです。

ステッカー
ステッカー

pppstudio

¥539(税込・参考価格)

Photo by item.rakuten.co.jp

好きをいっぱい詰め込んだ、お気に入りの手帳を作ろう

手帳デコを難しく捉えず、まずは素敵なInstagramを参考にしたり、簡単なアレンジからスタートしてみましょう。次第にコツが掴めてきて、さまざまなアイデアが浮かんでくるはず。

1冊分の手帳デコを完成させたら、手元にはあなただけの好きがいっぱい詰まった特別な手帳が残ります。ページを作っているときだけでなく、見返す時間も楽しめるのが手帳デコの醍醐味です。

また、こちらの記事では手帳デコにおすすめのスタンプを紹介しています。ポンっと押すだけで簡単にかわいいページが作れるので、併せてチェックしてみてください。

関連記事