TOP
  1. Home
  2. >
  3. TOPICS
  4. >
  5. 素敵なアイテムを見つけた...

素敵なアイテムを見つけたいなら。東京のおしゃれな文具屋に寄ってみませんか?

トレンドの中心地である東京。個性豊かなお店が立ち並ぶ都内には、見る者の心を掴んで離さないおしゃれな文具屋がたくさん登場しています。素敵な文具に囲まれて過ごすひとときは、あなたの心をワクワクさせてくれることでしょう。今回は、東京のおしゃれな文具屋を紹介します。

CHECK!
Suuuh編集部で「自由丁」へ。
1年後の自分に手紙を綴りました
この特集をよむ
CHECK!
《歌舞伎座新開場10周年》歌舞伎デビューしてみない?観劇のあとは、レトロ文具を手に入れて
この特集をよむ

文具の最新カルチャーが大集合!東京のおしゃれな文具屋の特徴は?

「文化の発信地」とも言える東京では、文具屋1つとってもおしゃれなものがたくさん!扱っている文具はもちろん、そのお店でしか味わえない独特の世界観やサービスを展開している店舗が多く、魅力的です。

ある時には海外メーカーの文具を扱っていたり、またある時には個人で活動するクリエイターとのコラボレーションをしていたり…。その日、その時でしか味わえない文具との出会いは、あなたの心に残る素敵な思い出になることでしょう。

おしゃれな文具に囲まれて。東京のおしゃれな文具屋めぐり

インテリアのようにおしゃれな文具が集結。「DESK LABO」下北沢

「DESK LABO(デスクラボ)」は、小田急線跡地に設立した商業施設「reload」の2階に位置するおしゃれな文具屋。多彩なカルチャーが入り乱れるシモキタにて、多くの文具好きから人気を集めるこちらの店舗では、国内外でセレクトした文具や雑貨に出会えます。

暖色のライトによる落ち着いた印象の店内は、まるでカフェやバーのような雰囲気が漂っていますね。普通の文具店ではなかなか見かけない、輸入アイテムも多いので、小さな店内で海外めぐりをしているような気分になれるかも。人とは違うデザインの文具が欲しい!そんなあなたにおすすめです。

「DESK LABO」の詳細

住所 東京都世田谷区北沢3-19-20 reload2-6
営業時間 12:00~20:00(※現在は19:00まで)
定休日 月曜日
アクセス 井の頭線・小田急線「下北沢駅」(徒歩約5分)

心がはずむかわいい文具に癒される。「ハルカゼ舎」経堂

「ハルカゼ舎」は、アットホームな雰囲気溢れるすずらん通り商店街の中にある小さな文具屋です。どことなく懐かしさを感じる店舗の窓からは、個性豊かなグッズが並ぶ店内の様子がチラリ。「今日はどんな文具に出会えるのかな?」と胸をドキドキさせながら店舗に入る様子は、小さい頃にはじめておつかいをした時を思い出させてくれます。

扉を開ければ、色彩豊かなかわいい文具があなたを出迎えてくれます。店内で扱っているのは、有名クリエイターの作品を中心とした、国内外のユニークなグッズばかり。のんびりとした雰囲気の中、多彩なおしゃれ文具たちとの出会いを楽しめることでしょう。

「ハルカゼ舎」で出会える温かみのある文具たちは、見つめているだけで楽しい気分にさせてくれるので、友達へのちょっとしたプレゼントにも良いですね。訪れるとフッと、昔に戻れるような気分になれる…そんな情緒あふれるおしゃれな文具屋です。

「ハルカゼ舎」の詳細

住所 東京都世田谷区経堂2-11-10
営業時間 12:00~18:00
定休日 毎週火曜日・第1・第3水曜日
アクセス 小田急線「経堂駅」(徒歩約6分)

昔懐かしのレトロ文具の宝箱。「ブングザッカ サブロ」吉祥寺

「ブングザッカ サブロ」は、吉祥寺駅の近くに位置する隠れ家的存在のおしゃれな文具屋です。小さい頃によく通った文具屋を思わせるレトロな雰囲気は、文具好きならワクワクすること間違いなし。アンティーク感のある文具から、キャラクターものまで集結しており、リーズナブルな値段で多彩なデザインに出会えますよ。

営業時間は夜の8時までと長いので、仕事終わりの息抜きに訪れるのもおすすめ。店舗がある吉祥寺通りは、夕暮れには昼間とはまた違った雰囲気になるので、デートや文具屋めぐりにもぴったりですよ。

ブングザッカ サブロでは、思わず手に取りたくなる個性的な文具が充実。また、鍵のような形のペンや、おしゃれなノート、回転スタンプなど…店舗オリジナルのブランド文具も数多く販売されています。ここでしか出会えない"素敵"がたくさんあるので、ぜひ遊びに行ってみてください。

「ブングザッカ サブロ」の詳細

住所 東京都武蔵野市吉祥寺本町2丁目4-16
営業時間 12:00~19:00(※2021年12月現在)
定休日 火曜日
アクセス 中央線・井の頭線「吉祥寺駅」(徒歩約4分)

まるで隠れ家のような空間。「つくし文具店」国分寺

「つくし文具店」は、国分寺第三中学校の近くに位置する小さな文具屋。1964年に誕生して以来、地元の人たちに愛され続けています。昔ながらの文具屋の面影はそのままに、立ち寄った人たちが気軽にコミュニケーションできる場として展開されています。

ドイツのワイマールにあるデザイン学校「バウハウス」をイメージしたという店内は、まるであの頃通った教室のよう。学校の黒板や勉強机を思わせる世界観に、気が付けば学生時代にタイムスリップしたかのような気分になれます。

「つくし文具店」で出会える文具の数々は「文房具」というイメージに留まらず、画材・玩具などといった自由な発想に基づいたおしゃれなものばかり。特に店舗オリジナルの「つくし」シリーズは、お手頃な価格でありながら様々なシーンに寄り添ってくれるシンプルなデザインが魅力的ですよ。訪れた際にはぜひ、手に取ってみてくださいね。

「つくし文具店」の詳細

住所 東京都国分寺市西町2-21-7
営業時間 13:00~18:00
定休日 火曜日・木曜日
アクセス 中央線「国立駅」(徒歩約21分)

シンプルでユニークなおしゃれさんが集まる。「yuruliku」御茶ノ水

「yuruliku(ユルリク)」は、池上幸志氏とオオネダキヌエ氏の2人のデザイナーの手によって誕生した、小さなアトリエから発展した文具屋です。店舗名の由来であり、文具のコンセプトである「ゆるり」「ゆっくり」という言葉のように、デザイナーたちがじっくり向き合って生まれたおしゃれな文具たちが揃っています。

こちらの商品は、yurulikuがデザインし、ツバメノートが制作した「活版印刷一筆箋」。無地、横罫、方眼の3種類が選べます。目を引くビビッドカラーや多彩なフォントを贅沢に活用した人気文具の数々は、どれも個性派揃い。オフィスシーンからプライベートまで、様々な場面で頑張るあなたを応援してくれることでしょう。

またyurulikuの店舗でグッズを購入すると、オリジナルの「文具占い」が楽しめるという、ちょっと変わったサービスにも注目!占いの紙には、その日の文具運勢や文具度数が書かれています。文具占いを通して、その日のあなたにぴったりな文具を探してみるのも楽しいですよ。

「yuruliku」の詳細

住所 東京都千代田区外神田2-1-3東進ビル新館B1
営業時間 12:00~18:00(※当面の間は18:00まで)
定休日 金曜日・土曜日以外
アクセス 丸ノ内線「御茶ノ水駅」(徒歩約2分)

レトロかわいい文具で、あの頃を思い出して。「GOAT」千駄木

「GOAT」は、汐見小前交差点の近くにひっそり佇むおしゃれな文具屋。モダンな雰囲気が漂う店内には、大小様々なメーカーから誕生した「Made in Tokyo」の文具たちがお出迎えしてくれます。有名クリエイターが手掛けるオリジナルグッズとも出会えるので、まさに文具好きにはたまらないお店です。

ほどよいレトロ感が魅力の文具たちは、見ているだけで癒されること間違いなし!東京生まれの文具以外にも、店主が実際に使って気に入った選りすぐりのグッズが大集合。まさに文具好きによる、文具好きのための文具屋と言えるでしょう。

「GOAT」の詳細

住所 東京都文京区千駄木2-39-5 富士マンション102
営業時間 【木・金曜日】13:00~19:00【土・日曜日】12:00~18:00
定休日 月~水曜日
アクセス 千代田線「千駄木駅」(徒歩約2分)

東京のおしゃれな文具屋で素敵なひとときを過ごしませんか?

昔ながらの雰囲気を重んじるお店や、シンプルで男性女性問わず人気の店舗など……トレンドの中心地とも言える東京では、文具屋のコンセプトもさまざまで、多彩な個性で溢れています。この記事を読んだら、ぜひ東京のおしゃれな文具屋を巡ってみてください。ユニークで魅力的な文具たちが、あなたとの出会いを待っていますよ!